}); var adstir_vars = { app_id: "MEDIA-65e7e881", 【編成企画】MATSUKIN【監修】MATSUKIN【演出】MATSUKIN【プロデューサー】MATSUKIN 【チーフプロデューサー】MATSUKIN【制作協力】キネマスター【企画元】逃走中(フジテレビジョン)FCC【制作著作】MatsukinMUSIC, ꫛꫀꪝ 【Link】2020/11/9 次回『逃走中MatsukinMUSICSP』の公開予定と一部出演者を掲載!, 2020/8/29 次回『逃走中MatsukinMUSICSP』の公開予定日が決定!, 【Link】2020/8/29『逃走中MatsukinMUSICSP ~PLAYER VS 恐怖のハンター』のゲーム結果を掲載!, 【Link】2020/8/22 次回『逃走中MatsukinMUSICSP ~PLAYER VS 恐怖のハンター』の予告編③が解禁!, ‪【Link】2020/8/15 次回『逃走中MatsukinMUSICSP ~PLAYER VS 恐怖のハンター』の予告編②が解禁!, 2020/8/15 次回『逃走中MatsukinMUSICSP ~PLAYER VS 恐怖のハンター』出演者から逃走後のコメントが到着!, 【Link】2020/8/2 次回『逃走中MatsukinMUSICSP ~PLAYER VS 恐怖のハンター』の予告編①が解禁!, 2020/7/26 次回『逃走中MatsukinMUSICSP ~PLAYER VS 恐怖のハンター』出演者から意気込みコメントが到着!, 2020/7/24 次回『逃走中MatsukinMUSICSP ~PLAYER VS 恐怖のハンター』の公開予定を掲載!. 逃走中4巨体迷宮の戦い 予告編今回の舞台は無人の巨大ショッピングモール。エリアhikakin 「静かすぎますね」白石「どこに隠れましょうか」樽美酒「外も逃げら… 逃走中、大好きです! 逃走中を私が始めて見たのは幼稚園の時でした。親がビデオに撮っていたものを見て一目惚れしました。好きすぎて夢にも出たことがあります。ミッションとかハンターとかでドキドキの展開にわくわくしたのを今でも覚えています。 type: "recommend", container: 'taboola-below-article-thumbnails', 逃走中 - オフィシャルサイト。次回予告や過去のゲーム結果などを紹介。 ... 2020年10月11日(日) よる7:00〜9:54 oa ... 逃走中15周年記念!50周年のサザエさんとコラボsp. 自作で 中を記載します!! 逃走中、戦闘中をはじめとするブログです。 画像も付けて 記載しております! リクエストも募集中 (記事別のリクエスト欄から是非! ) 自分が好きな坂道系 … _taboola.push({ 西小劇場2020逃走中 予告編(ストーリー) 11/15の本番まで1週間を切りました! 今回のストーリーの予告編デッス♪ 事前にご覧下さい。 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. placement: 'Below Article Thumbnails', 2019年11月23日(土) よ … dora-2020のブログ. ç¾Žç©‚子 (北陽)/misono, 道端アンジェリカ/水無昭善/山崎邦正/濱口優 (よゐこ). ad_spot: 2 target_type: 'mix'

メジャーランド』内で実施, 『FNSオールスター春の祭典2020 豪華俳優が本気で食べたいグルメ争奪戦!』内で実施, 高瀬は第37回まで、第38回から第42回は石川、第45回から渡辺(渡辺は第49回までノンクレジット), 自由位置 - ハンターのスタート地点から散らばり、エリアの下見をする際に自由にスタート地点を決める。ゲーム開始は事前に設定された時間となる。回によってはハンターのスタート地点は1か所とは限らず、またハンターのスタート地点が逃走者に明かされていないこともある。, 固定位置 - エリアの一角に全員が集まった状態でスタートする。ハンターのスタート地点は自由位置と同様に様々。回によってはスタートまで60秒程度の猶予があり、その場合基本的にハンター投入やゲーム時間のカウントは猶予終了後になる。, オープニングゲーム - エリアの一角に全員が集まり、目の前で放出されるハンターの最初の犠牲者にならないようにするゲーム。ハンターボックスから一定距離にある「スタートゾーン」に全員が待機して、1人ずつ挑戦する。特定の条件を満たすとハンターが放出されゲーム開始, 体内時計式 - 距離4mにある装置のSTARTボタンを押すとカウントが始まり、目標タイムから+0.99秒以内に同じ装置のSTOPボタンで停止する(タイマーは2-3秒経過あたりで隠される)。計測成功すればセーフとなるが失敗するとその瞬間ハンターが放出され、ゲームが始まる。事前のくじ引きで決まった人がくじの番号順に1人ずつ挑戦。全員の合計が規定時間になるよう目標タイムを好きに設定できる(第31回・第40回・第42回, 復活ゲーム - その時点の確保者のみで行われるゲーム。「時間内に復活カードを獲得する」など所定の条件を満たすことができれば本戦に復活することができる, 予選・オープニングミッション - 本戦前に行われるステージ。賞金は加算されず、時間内にクリア・生存した逃走者のみが賞金がかかった本戦に進むことができる。, ボーナスステージ - 本戦を逃走成功した逃走者に対してゲーム終了後通達される。さらに一定時間逃げ切ることができれば獲得賞金が積み増しされるが、確保された場合は本戦で得た賞金も没収される。ゲーム途中での自首は不可。挑戦するか否かは任意。また、本戦確保者もハンターや通報役として参戦し、参戦者を全員確保させれば確保者で賞金を山分けすることができる。また一部の回には、確保されても没収されず持ち帰ることができるアイテムがある。, 2ステージ制 - 逃走者を2チーム、ゲームを2ステージに分けて行うルール。交互にオープニングゲームを行い、失敗しゲームスタートとなったチームが「先発グループ」となり1stステージに挑戦、回避したチームは「シードグループ」として1stステージを免除される。先発グループの中で1stステージを逃走成功した者とシードグループの逃走者のみが2ndステージに挑戦する。賞金は1stステージから積み立てられる(シードグループは1stステージ中は自首不可)が、1stステージのミッション結果により増えたハンターも引き継がれる。, チームサバイバル - 逃走者を複数チームに分けて行うルール。ミッション達成順や生存時間順上位をチーム代表とし、残る逃走者からメンバーを選択。全員振り分けた状態で小規模のゲームやミッションに挑戦。クリアしたチームのみが生き残ることができる。このゲーム内で確保されても最終的にチームがクリアした場合は復活して本戦に参加できる。, アルティメットルール - 第31回・第32回で登場。ゲーム終了時点で逃走者が2人以上残っている場合に発動し、ゲーム時間消化後も時間無制限・自首不可の状態で続行する。残存逃走者が1人になった時点でゲーム終了となり、残った逃走者に「アルティメットプレイヤー」の称号と本戦終了時点の2倍の賞金が与えられる。, 10周年記念ゲーム - 第38回・第39回で登場。離れた2つの場所(時代の違う同じ場所という設定。また現代エリアの登場人物は江戸エリアの登場人物の子孫という設定)で同時にゲームを行う。前半戦は通常のゲーム同様両エリアの逃走者が協力して逃走成功を目指す。後半戦は両エリア同士によるチーム戦となり、ゲーム終了時点で残存逃走者が多いエリア(互いに「残り1人」になった場合はどちらかが全滅するまで行うサドンデス)の逃走者(確保者も含む)全員で賞金を山分けすることができる。そのため、ミッション成功時の特典も「相手エリアにハンター追加」等になる。前半戦で逃走成功(自首)した逃走者の参加は任意。参戦して勝利すれば, ボーナスミッション - 第46回以降の通常放送回で実施。確保者の中から代表者を選出しミニゲーム, カードキー - 装置の起動及び解除、ゲートの開放などに使用する。基本的には各自が所持しているが、入手条件が特殊なケースも一部にある。最初から所持するタイプの場合、自分自身に付けられた装置を解除するケースでは他人のカードしか使えないことが多い。使用回数が決められている場合や、一度に複数枚使用しなければならない場合もある。, 刃物・工具類 - ニッパー、ハサミなど、装置の解除のためコードを切断するのに使用する。通常は指令発令と同時にスタッフから支給されるが、指令内で手に入れる必要がある場合もある。, 手形・パスポート類 - 特定の物を所持や相手に見せることで強制失格や通報を免れたり、関所を通り抜けることができる。, 封印札 - 妖怪など特定の相手に使用することで動きを止め、逃走者に不利な状況を解消することができる。, 特殊な地図 - 通常のエリア地図とは別に、ゲーム内に登場する特定の装置やアイテムの位置が記されている。, 無敵サングラス - 装着により1分間ハンターに仲間と認識され追跡されなくなる。使用は1回。, 食べ物 - 肉、バナナ、リンゴ、饅頭など。特定の人物に食べさせてあげることでミッションに協力させたり、特定の生き物をおびき寄せたり動きを止めることができる。, ベスト - ペア結成の際に使われる。ペアとなった者同士はどちらかが逃げ切れば両者とも同額の賞金が手に入る。なお、どちらか一方が自首した場合「両者自首」となり両方とも同額の賞金を得てゲームから2人とも離脱する。, 冷凍銃 - ハンターを冷凍させて停止させ、実質的にゲームから除外できる。使用は回によって異なるがエネルギーパックが無いと使用出来ない場合もある。また、第27回ではコンテナ型の「冷凍コンテナ」が登場した。, 網鉄砲・ネットガン - ハンターや逃走に不利となる登場人物を一時的に足止め・除外できる。使用は1回。回によって「忍法 クモの糸」(第18回)や「防犯ネット」(第21回)等名称が異なる場合がある。, 復活アイテム類 - 生存者が獲得した場合は牢獄に持っていくことで確保者を復活させることができる。復活ゲームでは獲得すると原則的に自身が復活できる。, 足止めアイテム - ターゲットを足止めし、ミッション制限時間のタイムリミットが延長される。, お金 - エリア内の通貨。様々なミッションの際、お金を支払うときに使う。また、自首方法が公衆電話の場合は別途電話代の10円玉も支給されている。, 時限装置 - 解除しない場合、逃走者にデメリット(所定の時間に強制失格、アラーム音が鳴り始め時間が経過するにつれ大きくなる、逃走者が動くと鳴る「振動アラーム」、特定の時間になると大音量で鳴るなど)。カードキーを通す、特定のコードを切る、暗証番号を入力といった方法で解除できる。, 罠 - アイテム入りの箱にハンターが潜んでいることがある。通常より箱が大きく、少しでも開けると即座に放出され、以後もそのハンターはそのまま参加する。発見しても開けなければ放出されない。, 番組テーマ曲:『Methods of Mayhem』(C.O.N.Sequencer), 『逃走中16』エピソード1〜ハンター誕生〜(第22回):2011年10月19日発売, 『逃走中22』新桃太郎伝説〜鬼ヶ島を奪還せよ〜(第28回):2012年11月21日発売, 『逃走中24』禁断の恋と財宝村〜ロミオとジュリエ〜(第30回):2013年2月20日発売, 『逃走中25&26』アルティメット(第31回・第32回):2013年5月15日発売, 『逃走中27』新浦島太郎物語〜玉手箱と乙姫の罠〜(第33回):2013年8月21日発売, 『逃走中32&33』時空を超える決戦(第38回・第39回):2015年2月4日発売, 『逃走中34』大江戸ヒーローズ〜偉人達と駆け抜けろ〜(第42回):2016年3月2日発売, 広報:亀山哲生(フジテレビ)(過去…定岡高子→小中ももこ→鈴木麻衣子→清田美智子(フジテレビ)), 過去…山川泰一、速水学、爪生夏美、池山史佳、柏原久美子、今泉翔太、池山喜勇、平山顕大, 過去…大川友也(フジテレビ、第43回 - 第46回)、鈴木正人(FCC、第1回 - 第39回), 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室(第44回 - 、第43回までは制作局第二制作センター), 大まかなミッションやドラマの流れは日本版の「大江戸シンデレラ」編や「最後のサムライ」編などをベースに、中国風にアレンジされて進行する。, 現在の日本版同様、クロノス社のような未来を舞台にしたドラマも作中で展開されており、ゲームマスターやアシスタント、チーフが登場している。, BGMは日本版の捜索時BGM(『Screaming Wall』)を始め、携帯着信音や場面転換のSEなど多くの効果音が日本版の物と同一である。, プレイヤーやハンターの言動に合わせて、合成アニメーションやエフェクト、テロップを出すことがある。, 「戦闘中」のソフトと同様に、逃走者や登場人物の詳細が追加。これにより、今作ではCOMの逃走者も一部のミッションに参加するようになった。, 前作では全て同じスタイルだったハンターが、今作では髪型が4種類に増えた(髪型以外は全て同じ)。, ハンターフィギュアが1ステージ上にある数が10から15に増加し、貰える条件もより複雑なもの(何度も行き来が必要なもの)が登場する。, 逃走中オリジナルストーリー 迫るハンター&パンダ!? ver: "4.0", 10月20日午前6時20分ごろ、覚醒剤取締法違反事件で捜査中の男が逃走したとの情報が出ています。, 10月20日(火)午前6時20分ころ、さいたま市岩槻区本丸3丁目地内で、覚醒剤取締法違反事件で捜査中の男が白色軽自動車で逃走しています。 男の特徴は、年齢28歳、170センチ位、体格中肉、頭髪黒色短髪、上衣灰色ジャージ、下衣白っぽい作業ズボンです。 安全, — 川口市 防災無線情報+α (非公式) (@BousaiKawaguchi) October 19, 2020. window._taboola = window._taboola || []; 『run for money 逃走中』(ラン フォー マネー とうそうちゅう)は、2004年(平成16年)からフジテレビ系列で不定期にて放送されているゲーム バラエティ番組 である。通称は『逃走中』、ロゴや番組内では『RFM』が略称として使われている。, 早朝の街中や、番組が借り切ったテーマパークやショッピングセンター等を舞台にして大規模な鬼ごっこを行う。基本的に単発放送であるが、2007年4月-9月は『クロノス』にて計4回、同年10月-2008年3月は『ジャンプ!○○中』の1企画として計5回放送された(詳細はそれぞれの項目を参照)。また、2012年からは派生ゲームとなる『battle for money 戦闘中』の放送が開始されており、時期によっては逃走中と並び2週連続で放送することもあった。, もともとは「結末のわからない構成の番組を作りたい」ことから始まり、そのフォーマットとして各種スポーツを参考にしており、リアルタイム風の演出として放送中はタイマーがほぼ常に表示されている[2]。, 番組初期では深夜帯やプライムタイムに放送していたが「ジャンプ!○○中」第1回で初めて「プライムゴールデンタイム」と呼ばれる午後10時台で放送される。第7回で初めて全面ゴールデンタイムでの放送、以降は全日帯での放送が多くなり、第15回以降は放送時間が拡大され、カスペ!枠や週末といったように曜日は不定ながらゴールデンタイムでの放送が定着する。第30回以降は土曜・日曜いずれかのゴールデンタイムにて放送されている。放送頻度は年1~3回程度[3]で、2005年を除き毎年放送されている。, 2014年に放送開始10周年を迎え「10周年記念ゲーム」として「2つのエリアによる同時開催」「個人戦・チーム戦の2連続ゲーム」が行われた。2019年には放送開始15周年を迎え「15周年記念プロジェクト」が2019年4月1日放送の『FNS番組対抗 オールスター春の祭典 目利き王決定戦』内で発表。その後、8月13日の記者発表会にて「一般公募によって選ばれた逃走者を含んだゲームの開催」「歩数連動型ゲームアプリのリリース」「ノベライズ本の刊行」「体験型イベントの開催」が発表された[4]。このうち「体験型イベントの開催」については新型コロナウイルスの影響もあってか、実施が未定となっている(公式からの中止の告知は2020年10月現在なし)。, 深夜時代の視聴率は放送第1回-第6回の平均が7.6%で、第5回は12.3%、6回目は11.7%である(ビデオリサーチ・関東地区調べ)。『ジャンプ!○○中』以降は放送時間が早まり、ほとんどの放送が10%以上の視聴率を獲得している。2009年12月3日にはアジア版国際エミー賞と呼ばれる「アジアン・テレビジョン・アワード2009」のゲーム・ショー部門を受賞、2010年には第38回国際エミー賞のリアリティ・バラエティ部門にノミネートされ、ギャラクシー月間賞を受賞。2012年にはUS国際フィルム&ビデオフェスティバルにて3等を受賞した[5]。, 2010年からは、台湾にて日本のテレビ番組専門チャンネル「緯来日本台」にて『全員逃走中』というタイトルで放送されている[6]。過去にはシンガポール・マレーシア・タイ・香港・アメリカでも放送されていた[7]。なお台湾で放送される際に使用されるBGMは、DVDと同じく一部を除き別の曲に差し替えられており、一部映像の差し替え・カットなどが行われている。, クロスネット局のテレビ大分やテレビ宮崎では、編成の都合上、一部の回が遅れネットで不定期で放送される(編成がフジテレビと同じ場合はそれに従う)。系列外の青森テレビやテレビ山口、四国放送、テレビ山梨(2010年まで)でも同様に一部の回の放送実績がある。, ゴールデンタイムでの放送後は小中学生など子どもを対象とした人気を獲得し、若年出演者や子どもを持つタレントが学校で休み時間に「逃走中ごっこ」が行われている事を語っており、『TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回』内で紹介された「小学生に流行っている遊びランキング」では「逃走中ごっこ」がランクインしている。また、逃走者役とハンター役に別れ学校や施設などを貸し切り逃走中を体験するイベントなども開かれている。ただし、これらのイベントはあくまで一般の団体もしくは個人が主催しているイベントであり、フジテレビ主催による実際のハンターが登場する形での公式逃走中体験イベントなどは実施されていない。また、現実だけでなくゲーム『ファイナルファンタジーXI』『Minecraft』などのゲームの世界を利用し逃走中ごっこを行う例も見せている。, また、フジテレビのみならず他局においても「何者かに追われている状況・ゲーム」において「追ってくる者がハンター風の黒スーツ・黒サングラス」「追われている時の音楽がハンター追走時の『Running One』」といった形で逃走中を示唆したりパロディされることも多い。, 一方、ゲーム中の逃走者の言動・行動(特に「ルール上は原則自由」である自首、及びミッションの参加・不参加の選択)に関して、一部の視聴者から反感を買い、放送終了後にネット上で炎上する事例も多い。特に鈴木拓(ドランクドラゴン)が出演した際には最終的にTwitterアカウントを削除する事態にまで陥った[8]。またこの一件は番組内でも本人から言及されている(詳しくは鈴木拓を参照)。, 基本的に「逃走者」「ハンター」「エリア」「時間」「賞金」の5つの要素で構成されている。, このうち「体内時計式」に関しては、実際に番組HPで体験することが可能である[23]。, 第13回以降のほぼ全ての回で、エリアに独自の世界観が設定されており、それに伴いゲームの内容も一部リニューアルされた。, 日光江戸村・ハウステンボスなどの貸切った施設を用いた回では「江戸の町(日光江戸村)」「とある王国(ハウステンボス)」「無人のショッピングモール(イオンレイクタウン、iiasつくば)」といった設定で逃走を行うという形になり、場所や地名、建物の名前に関しても独自に設定され、エリア内には「住人」として多くのエキストラが登場する。また、一部の住人や重要人物として逃走者以外のタレントや俳優も登場し、逃走者の手助けやミッション遂行の重要人物として逃走者と接触する。住人からは上記の「頼み事」がされることもあり、それによってアイテムの獲得や後に有利な特典を受けることもある。またオープンエリア(街中)での逃走(沖縄・国際通り、横浜中華街、上野・アメヤ横丁)の場合、エキストラの数こそ少ないものの「特定の場所に様々な伝説や謂れがある」という設定の下、ゲームが行われる。, 放送中には随時、設定と連動した「ミニドラマ」が挿入され、それに対応したミッションや通達が発動。その成否によって再びドラマが進行するという形になっている。, また同じロケ地を「時代の異なる同じ場所」と扱う[30]こともあれば、違うロケ地を「時間が経った同じ場所」として扱う[31]こともある。, 第15回以降「未来世界にて『クロノス社』がショーとしてゲーム放送を開催している」という設定が加えられた。当初は番組の開始・終了時やミッション発令時にその様子が映し出されるのみであったが、第22回以降は完成したハンターを使用した本格的なショーとしての開催と、ハンターを巡る陰謀劇に関するドラマが展開されるようになった。ただしストーリーは第41回を最後に進展がなく、第42回から第50回までは第41回の放送の際に使われたミッション発動時の映像のみが流用されていた状態であった。, 全員が苗字に月の文字及び部首を含み(月村・高月・如月など)、一部は月に関する単語(竹取物語・有明や青山の静かの海)となっている。, 放送日時は全て関東地方での初回放送時の日程。ゲーム時間や賞金はゲームスタート時点のものを記載している。, ゴールデン進出後は50台以上のカメラを使用し撮影されており、撮影スタッフだけで300人を超える。街中での撮影では交通安全上の理由で多数の警備スタッフを配置する必要もあり、回によっては大人数のエキストラがゲームに参加しているため、スタッフは多い時で総勢700人ほどになる。ハンターに関しては約200人の募集枠を設けてオーディションを行っている。事前にゲームにおいて危険となる地形などをチェックするため、スタッフや有名ではないタレント等が逃走者の役となりシミュレーションを行っているほか、収録中に通行人に危険が及ぶと判断した場合は中断されるなど安全に配慮して制作されている[52][2]。また、出演者の中には労働基準法の年少者保護規定に抵触することを考慮して、出演者の中に17歳以下の者がいる場合などは午前5時以降に収録が開始される。, 街中の場合は、地元商店会や警察などの協力を得て、ゲーム中エリアに警備員を配置するなど安全対策を施し収録を行っている。[2]また安全性を考慮し、荒天・雪などにより足元が悪い場合は収録が中止される場合がある[53][2]。, 第38回・第39回・第42回以降の放送回では視聴者向けにデータ放送によるプレゼントキャンペーンを実施している。このあとのゲーム展開を予想し、データ放送画面で解答。正解するとプレゼントの応募口数を1口分獲得する。1回の放送で4-5回出題され、正解数に応じてキーワード・当選確率が変動する。また、データ放送では各逃走者の紹介(ゲーム状況と連動しており、確保された逃走者は画像に檻の画が被さる)や、各逃走者の能力の自己評価(「スピード」・「スタミナ」・「賢さ」・「判断力」・「運」)・意気込みや賞金の使い道を見ることができる。, 一部の回についてはFODでネット配信がされており、有料でいつでも視聴することが可能である(第50回・51回は期間限定での無料配信のみ。『クロノス』『戦闘中』も含む)[54]。, DVDには特典映像としてゲーム前のエリア内下見・確保直後の逃走者のコメント・牢獄トーク・逃走成功者の様子など、テレビでは放送されなかったシーンが収録されている。また、8巻以降からはその回のドラマパートの完全版が収録されており、そこで過去の逃走中とリンクしたシーンを見ることができる[55]。, DVD版では、本放送時に使用されたBGMは著作権の都合上ほぼ全てリミックスされるか別の曲に差し替えられており、映像の差し替え・カット等も存在する。FOD版も基本的にDVD版と同様であるが、一部の回では本放送時と同じBGMが使われている。, かつてはフジテレビの夏のイベント(お台場合衆国・お台場新大陸・お台場夢大陸)を始めとしたお台場近辺の施設に番組ブースを出展していた。主に番組内の世界観を味わえるゲームの体験や、直近の放送内で使われた実際の小道具・セットの展示、逃走中・戦闘中に特化したグッズショップなどが展開されている。, 2013年はフジテレビ本社屋24階廊下にて、2014年から2016年は25階球体展望室「はちたま」にて開催。2017年はお台場夢大陸の枠組みからは外れたが、ほぼ同開催期間でダイバーシティ東京にて開催された。, アメリカ合衆国で『run for money 逃走中』をアレンジした番組。ケーブルテレビ局SCI FIで放送され、日本ではフジテレビONEでの放送となる。全6回。『逃走中』との大きな違いは以下の通り。, 湖南卫视にて放送された中国版『逃走中』。1stシーズンとして2015年11月6日から2016年1月1日まで全9回、2ndシーズンとして2016年4月29日から7月15日まで全12回放送された。, 各シーズンとも、冠スポンサーとして蒙牛乳業がついており、常時商品である「纯甄酸牛奶(牛乳)」がついているほか、牢獄やエリア内にはスポンサーから提供された食品が置いており、逃走者・確保者共に自由に食べることができる。湖南卫视の2016年秋の発表により2017年以降シリーズを制作しない事が発表されたため、事実上の完結となった。, 一方、全員加速中にて導入された「ドローンによる上空からの映像撮影」や、登場した一部のアイテム・ミッションを再構成させて日本版逃走中・戦闘中に登場するなどの「逆輸入」も行われている。, 都市開発シミュレーションゲーム・街ingメーカーシリーズのPSP版で、2010年1月28日にディースリー・パブリッシャーより発売された。本番組を再現した「逃走中モード」が用意されている。, バンダイナムコゲームス(後のバンダイナムコエンターテインメント)より2012年7月5日に発売されたニンテンドー3DS専用ソフト。, 番組のルールをほぼ完全再現しており、やり込み要素として一度「ノーマルモード」で逃走成功したステージでは「ハードモード」(アイテム使用不可の「ノーアイテム」、ハンターの性能が通常の2倍になる「ハイパーハンター」、ハンターがレーダー上に映らない上に大量登場する「ナイトメア」の3種。「ノーアイテム」と「ハイパーハンター」は賞金が2倍に、「ナイトメア」では賞金が5倍になる。いずれのステージも自首不可であり、賞金を獲得するには逃走成功をしなければならない)がプレイ可能になる。さらに特定の条件を満たすことで、エリアごとに存在する「ハンターフィギュア」「ライセンス」を入手でき、ショップで買えるコスチュームが増える。一部のステージはダウンロードプレイで最大4人までの通信対戦が可能。アイテムもショップで購入できるが、確保されるとその回で獲得した所持品や獲得物はすべて没収される。, 初週販売本数は3万本程であったが[66]、発売半年余りで40万本を突破するロングセラー商品となった。, バンダイナムコエンターテインメントより2015年7月9日に発売されたニンテンドー3DS専用ソフト。前作同様番組のルールをほぼ完全再現しており、追加要素として自分のMiiでゲームプレイが可能・ローカル通信プレイでミッションの協力プレイが可能になった。大半は前作と同じだが以下の内容が変更され、番組に近い、よりリアルな逃走劇を楽しめるようになった。, バンダイナムコエンターテインメントより2018年11月29日に発売されたNintendo Switch専用ソフト。過去に発売されたニンテンドー3DS用の「超・逃走中」と「超・戦闘中」をSwitch対応にして一本化したもの。ソフトの特徴は過去に発売された3DS版に準ずるが、リマスターされたことによりマップ・キャラクター・ムービー等がより高画質となりリアルになった。マップにも描写に光と影が入ったことによってハンターや相手プレーヤーの位置を把握したりと番組さながらのよりスリリングな体験が可能になっている。