ロケ地となった岩場まではサーフ砂浜が広がります。表浜のサーフ砂浜とあまり変わりませんが、ここの特徴として海面海底と砂浜に岩がゴロゴロとしています。 https://shinagawalocation.jp/column/93, そして、東海道品川宿が舞台の映画『幕末太陽傳』(1957年)ももちろんここ、北品川がロケ地です。, しかし、主人公のネタ元の一つ、落語『居残り佐平次』に出てくる鰻店「荒井家」跡は、その趣ある建物を使ったイタリア料理店「居残り連」として営業していますよ。, さて、続いて天王洲アイルの方面に歩いていきましょう。屋形船や釣り船が並ぶ「品川浦舟だまり」は、映画『釣りバカ日誌』(1988年)でおなじみの場所ですね。, ちなみにこの記事の撮影日にも、NHKで2019年8月に放送予定のドラマの撮影現場にたまたま遭遇! 交通の便も良く、撮影に人気のスポットなんですね。, 目的地・天王洲エリアに到着しました。奥に見えるのは、ドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』(2004年)や『Nのために』(2014年)など、数多くの作品で登場する「天王洲アイルふれあい橋」です。, 近くには、本格クラフトビールを味わえる海上レストラン「T.Y.HARBOR」や寺田倉庫の敷地内にある「建築倉庫ミュージアム」など、観光地としても楽しめるスポットがあります。, そのすぐ近くには、「東品川海上公園」があります。アイル橋をはさみ、北側と南側に分かれた広大な公園です。, 北側には、くじらをイメージした滑り台と運河沿いにボードウォークが。南側には屋上庭園のあるポンプ場、噴水広場などがあります。最近だと、ドラマ『わたし、定時で帰ります』(2019年)の撮影で使われていました。, 「品川区は、昔ながらの街並みとロマンチックな水辺の風景の両方を撮影できる場所です。ぜひロケ地に困ったら、『しなロケ』までご連絡くださいね」と藤田さん。, 立会川から北品川、天王洲アイルまでをご紹介してきましたが、品川区内にはほかにも大井町や戸越、五反田など魅力的なスポットがたくさん! ドラマ『東京ラブストーリー』(1991年)の有名な橋の上でのシーンが撮影されたのも品川区なんだとか。ほかにもこんな作品が品川区で撮影されています。, 詳しくは『しなロケ』のウェブサイトをチェックしてみてくださいね。映画『柴公園』のロケ地マップはこちらからどうぞ。. ジョシュ・ハートネット(ダニー役) ベン・アフレック(レイフ役) そしてもし、間違えられた相手に好意を抱いてしまったら?現実にあれば、あなたはどう生... 鬼滅の刃アニメ第10話・第11話 カンテレ放送あらすじ・ネタバレ・感想|1話から最終回まで無料動画配信でみる方法!, センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(映画)無料で動画配信をDVD以外でみる方法!あらすじ・感想. 釣りをこの上なく愛する浜崎伝助(西田敏行)は、鈴木建設四国支社高松営業所・営業課に勤務の釣りバカ社員。終(つい)の住処と女木島に一軒家を購入、釣り三昧の日々を過ごしていた。ところが、本社人事部のコンピューターの入力ミスで、東京本社・営業部・営業三課に配属させられてしまう。やがて伝助と、鈴木建設創業者で社長の鈴木一之助(三國連太郎)が、ひょんな事から知り合い、釣りを通じての秘密の関係が始まる・・・, 重役たちの無能さに、嫌気が差した一之助。ある日、前原運転手(笹野高史)に東京駅まで送らせて、ついに消息不明となる。心配した一之助の妻・久江(丹阿弥谷津子)が、伝助に捜索を依頼。魚心あれば釣り心。そこは釣りバカ。独自のアンテナを発揮して、太田八郎(中本賢)の運転する車で伝助が向かったのは、釣りのメッカ愛知県伊良湖岬。そこで一之助は、ワケありの美人・間宮弥生(原田美枝子)と一緒に過ごしていることが伝助にバレてしまい、一悶着となるが・・・, 終戦の年に一之助が赴任していた思い出の地、上伊豆町・星ヶ浦(架空の土地)で釣りバカコンビは、かつて一之助と訳ありだった女性の娘・雪子(五月みどり)と釣り船を共にする。カラオケ教室の先生をしている雪子は、美しい星ヶ浦を愛し、建設会社によるリゾート開発の反対運動に参加している。一方、伝助とみち子さんは幸せな毎日を過ごしているが、唯一の悩みは“子宝に恵まれない”ことだった・・・, 念願かなって、めでたく懐妊したみち子さん。定期検診につきそい出産に立ち合う伝助は、例によって仕事は二の次。また、伝助と一之助の良き仲間である太田丸の船長・太田八郎(中本賢)は、しっかり者の妹・町子(佐野量子)と幸せな日々を過ごしている。ところが、鈴木建設営業三課に勤める一之助の甥・和彦(尾美としのり)は、仕事よりも趣味に生きる自由人の伝助に憧れ、浜崎家に出入りするうちに、町子と交際を始める。しかし、それが面白くない八郎は和彦と大ゲンカ。理解のない兄貴に反発した町子と和彦は、ついに駆け落ちしてしまうが・・・, 浜崎家に誕生した、待望の赤ちゃん・鯉太郎(上野友)の顔を見るため、伝助の母・たき(乙羽信子)が九州から上京。たまたま居合わせた一之助と、鯉太郎のオムツのことで大げんか。ある日、みち子さんが同窓会に行くため、たきに鯉太郎を預けるが、生憎ギックリ腰となり、仕方なく伝助は息子を会社に連れてゆく。ところが、仕事中、好奇心旺盛な鯉太郎が鈴木建設本社で行方不明になってしまう・・・, 岩手県釜石市で、一之助の市民大学の講演会にかこつけ釣りを楽しんだ“釣りバカ”コンビ。運転免許のない伝助の替わりに、車の運転をした一之助が、市の役員に運転手と間違えられ、伝助を社長に仕立てる。伝助は鈴木建設社長として講演会でワルノリ・スピーチをしてしまう。一方、釜石の旅館の仲居・澄子(久野綾希子)の優しさにふれた一之助。そのまま運転手と偽って、遠野に渓流釣りデートと洒落込むが・・・, 一之助の親友・山内(西村晃)の息子・健吾(加勢大周)が佐々木課長の娘・志野(富田靖子)にひと目惚れ。しかし、志野の幼なじみの武(大森嘉之)も彼女を想い続けていた。さらに、伝助の出張中、仕事に疲れた一之助が浜崎家に一泊。一之助とみち子さんの不倫疑惑が持ち上がり、自棄になった伝助が大暴れするが・・・, 福井県の名勝、東尋坊で通りすがりの美女・彩子(名取裕子)と出会った“釣りバカ”コンビは、チヌ釣りを指南。楽しいひとときを過ごす。しかし、東京で一之助は歯科医の彩子と再会。彩子と抜け駆けのデートを楽しむため、一之助は伝助に嘘をつく。それに激怒した伝助は、断腸の思いで“断釣”し、一之助と絶交宣言! “釣りバカ”コンビ、最大のピンチとなる。, 一之助の亡き親友の娘で外科医の和美(室井滋)によって、大腸がん検診を受けた一之助は、その御礼に和美を釣りに誘う。伝助の釣りの弟子で変わり者の学者・省平(柄本明)とともに、福島県いわき市で釣りを楽しむ四人。省平は和美に一目惚れ。和美もまた省平に心惹かれる。変わり者同士で意気投合、ついにゴールインをすることに。二人の想い出のいわき市で行われた結婚式に出席した伝助と一之助は、待望の渓流釣りに出かけるが、折しも悪天候となり、山中で遭難してしまう!, 佐々木課長(谷啓)の願いも空しく、鈴木建設の新営業部長に伝助の同期の馬場(小林稔侍)が抜擢される。エリートの馬場は、我が道を行く伝助と妙にウマが合うが、私生活はバツイチで引きこもりがちの息子との関係に悩む。やがて、心を寄せるスナックのママ・茜(風吹ジュン)が故郷“センダイ”に帰ることを聞かされる。ある日、ショックを隠せない馬場は、一之助、伝助とともに、鹿児島県に出張するが・・・, 重役陣に嫌気が差した一之助が、なんと鈴木建設を退社、社長を辞めてしまう。ようやく念願の釣り三昧と洒落込むが、なぜか空しい。「仕事をすべき」という、伝助の薦めで、資格を生かしボイラーマンとして再就職を果たすが、派遣先はなんと鈴木建設本社! マスクで顔を隠し、仕事をする一之助を面白がる伝助。はたして一之助の運命やいかに?, ときは江戸時代、ところは花のお江戸。呑気に釣りを楽しむ浪人・浜崎伝助が、ひょんなことから大店のご隠居と意気投合。釣りの指南をすることに。そのご隠居こそ、庄内藩江戸屋敷家老・鈴木一之助だった。そうとも知らず伝助は、庄内藩に仕官が叶って、兄想いの妹・美津(酒井法子)や長屋のご隠居・甚兵衛(谷啓)は大喜び。ところが、やる事成す事マイペースな伝助に、上役たちは呆れ顔。ある日、伝助は、奥女中・小浪(黒木瞳)にひと目惚れしてしまう。, 営業三課の志乃(桜井幸子)は夜店で買ったペットのウサギの処遇に困り、伝助に相談する。そこで、伝助の釣りの弟子・宇佐美(村田雄浩)がウサギを引き取ることになる。しかし悪気のない宇佐美が起こしたことが、騒動となり、傷心の宇佐美は沖縄へ転勤する。やがて、一之助の沖縄出張に便乗した伝助は、宇佐美のサバニ(船)で釣り三昧と洒落込むが、悪天候で遭難。二人は無人島に漂着! 極限状況のなかで伝助が見たものは?, 一之助が後継者と目していた高野常務(青島幸男)が、定年を前に惜しまれながら退職。故郷の萩で悠々自適のセカンドライフを過ごそうとする。出張にかこつけ高野に会いにやってきた“釣りバカ”コンビだったが、姪の梢(宮沢りえ)から高野が重病だと聞かされる・・・, 伝助が、富山にある老舗製薬メーカー天狗堂のワンマン会長・黒部五郎(丹波哲郎)が発注する美術館建設の仕事を獲得する。しかし設計部の“ミス・スズケン”こと桐山桂(鈴木京香)は、黒部会長直々の奇抜なデザインが納得できずに、伝助に詰め寄る。事態を収拾させるべく、富山に出張した伝助と桂だったが、黒部は息子の嫁にと、桂を見初めてしまう。しかも、それが取引の条件となリ、事態はどんどんこじれてしまい・・・, 佐々木課長がめでたく次長に昇格、後任は海外支社で活躍していたキレ者のエリート岩田課長(三宅裕司)だが、飲みに行った伝助は、岩田の意外な面を知ることに。多忙な日々に疲れ、四国八十八ヶ所のお遍路旅に、伝助を無理矢理誘った一之助。釣りをしたい伝助と、今回は真面目な一之助との間に、不穏な空気が流れる。やがて、旅先で出会った男まさりのトラック運転手・みさき(高島礼子)のハチキンぶりに圧倒される。みさきが高知でのお礼にと鈴木建設に立ち寄るも、あいにく伝助は出張中。代わりに相手をした岩田課長が、彼女にひと目惚れしてしまう。, 人事制度改革をすべく鈴木建設に送り込まれた経営コンサルタント・薫(江角マキコ)は、リストラに反対する一之助の家族型経営理念に触れる。一方、伝助は新任課長・舟木(益岡徹)を言いくるめ、一週間のリフレッシュ休暇で秋田へと釣り旅行に向かう。そこで偶然、休暇で田舎に帰る薫と出会う伝助は、さらに釣り場で水産試験場の哲夫(筧利夫)と知り合う。薫は哲夫と同級生で、しかも哲夫にとっては初恋の人だった・・・. あれはどうしてですか? ケ... 映画【ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ】作品情報・キャスト 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?, お客さまのAmazonかんたん決済に異常ログインの可能性がありますウェブページで検証お願いします。とメールがきました。どういうことでしょうか. 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 子ぎつねヘレンロケ地は? 渡辺大 妹や周平が赤ん坊の時にあの母親はどうやって子育てできたのでしょうか。ミルクや離乳食、オムツ、ベビー服などどうやって購入して育てたのでしょうか。。 そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). あと母親が出会う男達とすぐに関係を持つシーンが多いですが、 今回はとりあえず全部答えたつもりでしたが問一は完全に間違えていました。 二次試験は合格率が高いのに 2020年3月14日に放映されています。 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。

100%の実... 子ぎつねヘレンキャストが気になる!

どちらも優しさを感じるキャストです。 永作博美(日下部七海) 塩谷瞬(松山康介) ©Copyright2020 リンクの中で踊りたい!.All Rights Reserved. 山陽自動車道玉島icより車で約20分: 駐車場 有り 1988年に始まった国民的コメディ映画「釣りバカ日誌」の記念すべき第一作目。監督は後に後に22作続く釣りバカシリーズの監督を手掛けることになる栗山富夫さん、脚本は「男はつらいよ」などの山田洋二さんが共同脚本を務めています。原作は、やまさき十三・北見けんいちさんの漫画作品です。, 「釣りバカ日誌」の名物と言えば三國連太郎さん演じる鈴木建設社長のスーさんと、西田敏行さん演じる釣りバカの平社員・ハマちゃんの凸凹コンビ。一作目である今作では、高松市から人事異動してきたハマちゃんと社長のスーさんのほほえましい出会いが描かれます。のちのレギュラーキャラクターとなる谷啓さん演じる佐々木課長、中本賢さん演じる太田八郎さんも今作から登場しています。, 西田敏行さんと三國連太郎のコンビが名物の「釣りバカ日誌」。本作に起用されるまで三國連太郎はコメディへの出演経験がなかったと言います。, 三度のメシより釣りが好きな浜崎伝助・通称ハマちゃん(西田敏行)は鈴木建設四国支社高松営業所・営業課の平社員。釣りに熱烈な情熱を傾ける彼は出世には全く興味がありません。愛する妻・みちこさん(石田えり)と高松市・女木島に建てた一軒家に住み、休日や出勤前に釣りを楽しむ毎日を送っていました。, そんな暮らしに満足していたハマちゃんですが、ある日、人事部の手違いで東京本社への移動が決定します。上司に怒られながら東京本社で働くハマちゃんは、定食屋で社長と知らないまま出会った鈴木一之助社長ことスーさん(三國連太郎)と一緒に釣りをする約束を交わします。ハマちゃんはスーさんを「定年した後も働く可哀想なおじさん」と勘違いしていたのです。これをきっかけに、釣りしか頭にないハマちゃんと社長のスーさんの秘密の関係がスタートします。, 煮え切らない部下への対応、家に戻ってこない長男、勝手な暮らしを送る娘への対応でイライラが募っていたスーさんは気分転換も兼ね休日にハマちゃんと東京湾へと出かけます。会社では敬われ、部下に檄を飛ばすスーさんは、船の上ではただの釣りの初心者です。スーさんはハマちゃんに手取り足取り教えられて、ヒラメを釣り上げました。この一日をきっかけにスーさんは釣りの楽しさに目覚めていきました。, スーさんはひょんなことからハマちゃんが自社の社員だと気付いてしまいます。部下に調べさせたところ、ハマちゃんの評価は「協調性だけがAの問題社員」。どうしたものかとハマちゃんへの対応に悩みますが、再びハマちゃんから釣りの誘いを受けたスーさんは社長だと打ち明けられないまま「秘密の関係」を続けます。釣りを楽しみ、夜はハマちゃんとみちこさん三人で食卓を囲む週末に癒しを感じるスーさんですが…。, 物語冒頭のロケは、香川県の高松港の沖合4キロにある女木島で行われました。女木島は、かつて鬼ヶ島と呼ばれていた島で、「桃太郎」の伝承で有名な島でもあります。, 出勤前から釣りを楽しむハマちゃんの自宅の撮影場所も女木島です。女木島には鬼の住処と伝えられる鬼ヶ島大洞窟があり、ハマちゃんの自宅はこの洞窟に続く道の近にあります。, 高松市内の事務所に通うハマちゃんは毎日フェリーに乗って出勤します。フェリーの到着場所である高松のフェリー乗り場周辺もロケ地として使用されています。, スクーターで本社へと向かうカットでは、高松市の重要文化財である高松城が映っています。, ハマちゃんの東京本社移動後、ハマちゃんとスーさんが釣りを楽しむ船上の場面は東京湾で撮影が行われていたようです。, 釣りを楽しむためだけに女木島に一軒家を購入するほどの釣りバカ・ハマちゃんを演じた西田敏行さん。実は撮影以外でほとんど釣りをしたことがなかったと告白しています。プライベートで釣りをしないのに、あんなに楽しそうに釣りバカの演技ができるのはやはりプロの役者さんのなせる業でしょうか。, 東京湾での釣りシーンで息の合った掛け合いを見せてくれた三國連太郎さんと西田敏行の二人に関するエピソードもあります。スーさん役に三國さんが決まったのは、西田さんの一声もあったからだと言います。俳優として確固たる地位を築いていた三國さんと過去に共演していた西田さんはハマちゃん役が決まってから「スーさん役を三國連太郎さんにお願いしたい」と提案したと語っています。, 重厚な役柄が多かった三國さんは、スーさん役でイメージが変わってしまうと悩み、二作目からの出演を断わることも考えそう。最終的には20作目までスーさん役を努め、西田さんとのコンビは長くファンに愛されることになりました。, ロケ地の一つ女木港周辺で釣れるのはハゼ、キス、カレイ、メバル、カサゴ、チヌ、マダイ、シーバスなど。クロダイを釣り上げる人もいるそうです。, 高松港の釣りスポットは港を中心に整備されたランドマーク「サンポート高松」です。豊富な種類の魚が釣れる場所で、休みの日には親子連れも訪れます。高松港から続く遊歩道のどのポイントで釣り糸を垂らすかで、釣れる魚が変わってきます。, 高松港周辺で良く釣れる魚はメバル、ヒラメ、マゴチ、アジ、カサゴ、グレ、太刀魚、鱸、サバ、カマス、イワシなど。上級者の中にはチヌ(クロダイ)釣りに挑戦している人もいます。, クロダイはタイ科の大型魚で、クロダイを使った炊き込みご飯「ちぬ飯」は瀬戸内海の郷土料理として知られています。, 30年以上愛される人気シリーズとなった「釣りバカ日誌」の第一作。本作に出演した西田敏行さんと三國連太郎さんの俳優人生にも大きな影響を与えました。物語の舞台はバブルの日本ですが、「趣味に没頭できる人生を送りたい」というハマちゃんの考えは仕事に追われる2020年代のサラリーマンにとって、とてもうらやましく映るかもしれません。, ロケ地である高松港はハマちゃんのような「釣りバカ」が多く訪れる人気スポットです。高松市を訪れる際には、ぜひ釣り場に立ち寄ってみてください, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 映画『釣りバカ日誌』おなじみの場所! さて、続いて天王洲アイルの方面に歩いていきましょう。 屋形船や釣り船が並ぶ「品川浦舟だまり」は、映画『釣りバカ日誌』(1988年)でおなじみの場所ですね。 パッチギ!の作品情報・キャスト 1.『千と千尋の神隠し』(308億円) 長崎県佐世保市の第二西海橋連結式へ出張する一之助のお伴のはずの伝助は、長崎営業所の久保田達也(金子昇)の案内で大村湾へ直行。そこで達也の恋人・河口美鈴(伊東美咲)に紹介され、米軍の“釣りバカ”ボブ(ボビー・オロゴン)とともに、九十九島でイカ釣りを楽しむ。美鈴の父・輝男(尾崎紀世彦)に、達也は美鈴との結婚を申し入れるが、問答無用で殴られてしまう。一方、ボブたちとしこたま飲んだ伝助が目覚めると、なんとアメリカ艦隊のイージス艦の中だった!? 問三と問四も問の意味は理解していました。 釣りバカ日誌ってストーリーは繋がっていないのですか? 釣りバカ日誌1を初めて見て、面白かったので2を見ました。 1の最後で別々になった浜ちゃんとスーさんですが、その二人がいきなり一緒に釣りを … 釣りバカ日誌5のあらすじは? ハマちゃんの母が上京してきたため、みさこは1歳になる鯉太郎を母に預け同窓会に出かける。しかし、母がぎっくり腰になり、ハマちゃんが会社に鯉太郎を連れて行くことに。 駐車スペースから約5分くらい歩くとロケ地の釣り場。 釣りバカ日誌2の釣り場所ポイント情報.

開いた後は発送状況を確認できるサイトに移動することは無く、ポップアッ... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので 邦画『釣りバカ日誌』の記念すべき第1作は1988年12月24日に公開され、ロケ地は『香川県高松市』でした。 ハマちゃん役に西田敏行さん、スーさん役に三國連太郎さんを起用したこの作品は大ヒットを記 … 沢尻エリカ(リ・キョンジャ) 映画やドラマを見ていると、「この場所、どこかで見たことがある!」と気がつくときがあります。実はこれまで、数多くの映像作品が品川区で撮影されてきました。, 「おっさん×柴犬×会話劇」という斬新な(?)組み合せで話題の映画『柴公園』(2019年6月公開)も品川区で撮影されています。, 今回ご一緒したのは、映像撮影の支援を行う品川区フィルムコミッション「しなロケ」を運営する品川区文化スポーツ振興部文化観光課の藤田晃さん。『柴公園』の撮影場所をたどりながら、品川区でよく使われるロケ地を教えていただきました。(2019.6.21), まずやってきたのは、京急立会川駅近くの運河沿いです。「しながわ花海道」とも呼ばれ、春は菜の花、秋はコスモスが咲き、四季折々の花を楽しめます。, 『柴公園』の撮影時期は秋だったため、紅葉がとても綺麗。わんちゃんのお散歩にもぴったりの道です。, こちらの通りでは、他にもドラマ『マルモのおきて』(2011年)の主人公たちが学校の帰りに歩いて話すシーンが撮影されました。真似して、階段にちょこんと座りたい!, 続いてやってきたのは「天祖・諏訪神社」。品川区には神社やお寺がたくさんあるのも魅力の一つです。, 『柴公園』に登場したのはこちらの「天祖・諏訪神社」。1965年、天祖神社と諏訪神社が合祀された神社です。, 登場犬の一匹である赤柴の「あたる」も神妙な面持ちで撮影に挑み、ほとんどNGはなかったそうです。さすが!, 京急線のほうに歩いて見えてくるのは、昔ながらの商店街。ドラマ『ラッキーセブン』(2012年)に出てきた「北品川ラッキー探偵社」は、実はこの写真左手の建物の2階でした。商店街の中にあんな探偵社があると考えると、いつもの日常が少しワクワクするかも……!?, 『柴公園』に出てくる宝くじ売り場もこの近くで撮影されました。普段は宝くじ売り場がない場所に、特別に設営したそう。, そのまま北上して、江戸の風情が残る旧東海道沿いを歩いて北品川に向かいましょう。さて、品川を北上といったときに頭に思い浮かぶ作品は……。, そう、映画『シン・ゴジラ』(2016年)ですよね。作中では、大田区蒲田から品川区へ北上していくゴジラの様子が描かれました。徐々に見た目が変化していくゴジラの第3形態を「品川くん」と呼ぶファンもいました。, 実は1954年に公開されたシリーズ第一作目で、「ゴジラ」が初めて上陸したのも品川。ゴジラは、北品川駅付近にある京急本線八ツ山橋跨線橋を破壊して東京湾に去っていきました。, ゴジラファンにとって、品川は聖地と呼べる場所かもしれませんね。「しなロケ」のウェブサイトでは、『シン・ゴジラ』の軌跡をかなり細部まで検証したコラム記事があるので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。, ▼品川歴史館が推定!これがシン・ゴジラの足跡だ!「それは品川歴史館の破壊から始まった」