stream lKSUpJSklKSUpJSklOT9U/8AxK9G/wDTfi/+ea0lOskpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkp fYc//wCdqj/PH/k0lK+w5/8A87VH+eP/ACaSlfYc/wD+dqj/ADx/5NJTu/Vui+ll4v6czpslsNrd

/wA1n/pBJSvsn1//AO51H+az/wBIJKV9k+v/AP3Oo/zWf+kElK+yfX//ALnUf5rP/SCSlfZPr/8A u386nU8JKdlJSklKSUpJTk/VP/xK9G/9N+L/AOea0lOskpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKU 八つ裂きの刑(やつざきのけい)とは世界各地で行われていた死刑の執行方法の一種[1]。被処刑者の四肢を牛や馬などの動力源に結びつけ、それらを異なる方向に前進させることで肉体を引き裂き、死に至らしめるものである。古代ギリシャでは、「ディアスフェンドネーゼ」(松の木折り)といい、たわめて固定した2本の木の間に罪人を逆さ吊りに縛りつけ、木が元に戻ろうとする力で股を裂く方法も用いられた[1]。最も重い死刑の形態であり、酷刑として知られる。恐怖の馬走としても知られる。, 四つ裂き・車裂き、馬走とも呼ばれ、総称して引き裂き刑と呼ばれるが[1]、中世ヨーロッパの「車裂きの刑」は引き裂き刑とは異なるものを指す。馬走は、足のみに括り付け人体を二分する刑のことでもある。, 中世フランスの Écartèlement は、最も重い死刑の形態であった。Écartèlement は、フランス語や英語において「バラバラにすること」を意味する言葉である。フランスの刑罰では、人体を両手・両足・胴体に5分する方法になっている。これに対して適当な日本語訳として、通常「八つ裂き」が充てられている。, フランスでは国王及び王族に対する殺人および殺人未遂、国王に対する反逆に対して実施されていた。馬を四頭用意して手足を縄で縛り、四方向に人体を引きちぎるという残酷な刑罰だった[1]。1600年に女性に対してのこの方法での処刑が検討されたことがあったが、審議の末に絞首刑とされた[1]。, 正式に廃止されたのはフランス革命時で、1791年6月3日に立法院で刑法第三条が改訂され、死刑の方法が斬首のみになった時である。, ロベール=フランソワ・ダミアンは、ルイ15世の殺害を図って捕らえられ、1757年3月27日に八つ裂き刑に処せられた。この時の様子は、死刑執行人のシャルル=アンリ・サンソンが詳細な手記を残しているため詳しく分かっている。, 病気の父の代理として当時18歳だったシャルル=アンリ・サンソンが死刑執行人として臨んだ。実際に処刑を取り仕切ったのは叔父のニコラ=シャルル・ガブリエル・サンソンだった[1]。, パリで八つ裂きの刑が行われるのは147年ぶりということで、誰もその実際の手順がどうなのかが分からなかった。そこで判決を聞いた2人のサンソンは必死で公文書や歴史資料を読みあさり、八つ裂きの刑の執行手順や必要な用具を調べ上げた。, 八つ裂きの刑はあらゆる刑罰の中でも必要な用具と人員が最も多い刑罰なため、サンソンたちは準備に奔走した。国王の弑逆未遂という大逆罪を犯した犯人の処刑である。万一当日になっても用具が揃わず刑の執行ができないようなことにでもなれば、一転してその執行人の責任が厳しく追及されかねない状況にあった。, ダミアンはまず寺院の前に連行され、そこで罪を告白する公然告白が行われた。この後グレーブ広場に連行され、処刑台の上に上げられると、まず国王を刺した右腕を罰するために右腕を焼いた。次にペンチで体の肉を引きちぎり、傷口に沸騰した油や溶けた鉛を注ぎ込んだ。次に、地面に固定されたX字型の木に磔にされ、両手両足に縄を結ぶと、それらのもう一方の先を4頭の馬に繋いだ。これを号令とともに馬たちが一気に4方向に駆け出すことでダミアンの体から四肢を引き裂こうとしたのだが、そう簡単には行かなかった。この手順を1時間に3度も繰り返したが、ダミアンの体はびくともしない。そこでサンソンは判事の許可を得て、四肢の付け根に切り込みを入れた。すると次の回ではまず最初に片脚がもぎ取られ、次にもう片方の脚ももぎ取られ、続いて右腕が引き裂かれた。ダミアンはこの時点で絶命していた。バラバラになったダミアンの遺体はその場で火葬に付された(西欧では通常死者は土葬される)。, ガブリエル・サンソンはこの仕事のあまりの衝撃に耐えられず、息子のジャン=ルイに職を譲って引退した。, イギリスには Quartering がある。英語で四等分を意味する言葉なので、この場合「四つ裂きの刑」と訳されることが多い。, 大逆犯に対して行う死刑の過程をまとめて Hanged, drawn and quartered と呼ばれる。これは、首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑と訳される。, 中国では車裂・車折・五馬分屍・轘と呼ばれる刑があった。それぞれ罪人の四肢に馬車を繋いで一気に発進させて引き裂き、人間の身体を2本の腕と2本の脚、そして胴体の合計5つに分解するのである。これらは通常、「車裂きの刑」と訳される。また、馬車を使わず、直接、馬や牛に引かせるといった方法もあった。, この刑の執行は、すでに古代の周王朝から記録が見受けられる。春秋時代になると、互いに覇を競う諸侯たちは、自身を害しようとする反逆分子をこの方法で処刑した。戦国時代には秦の宰相の商鞅が、さらに秦王政(後の始皇帝)の母親の愛人である嫪毐などがこの方法で処刑された。秦による統一以降も陳勝の部下であった宋留がこの刑で処刑されている。後漢末に黄巾党の頭目の馬元義も同様に車裂きで処刑されている。, 三国時代の呉においては、暴君として名高い孫晧が、自身の死後の皇位継承者と目される孫奮に取り入ろうとした豫章太守の張俊を車裂きに処している。, 五胡十六国時代には異民族の侵入で世が混乱した。勃興した国々の統治者達は性格が凶暴なものが多かったが、中でも後趙の石虎は常軌を逸していた。彼は領民に対して苛斂誅求を続けたが、身内に対しても容赦しなかった。可愛がっていた三男の石韜が次男の石宣によって暗殺されると、石宣の下あごに穴を開け、金輪を通して繋いだ。さらに髪と舌を引き抜いた上で絞首刑にしてから火炙りに処し、彼の妻9人と子供も皆殺しにした。さらに石宣の親衛隊300人、宦官50人を全員車裂に処した。, 五胡十六国の特徴としては反乱賊子だけではなく、親不孝といった人倫にもとる罪に適応されたという点である。以下に例をあげる。, 代(後の北魏)の君主の拓跋部一族の拓跋寔君が、拓跋斤の教唆で父王の拓跋什翼犍や弟たちを殺した罪で、前秦の天王苻堅によって車裂きで処刑されているのもこの一環だと見ることもできる。, やがて久々の統一国家の隋に至り、文帝楊堅は581年に新法を公布。車裂を廃止にしたが、次の煬帝によって復活。謀反を企てたものをこの方法で処刑している。, 五代十国時代には一度のみしか記録が見受けられない。李克用の義子であった李存孝が、讒言から謀反へと追い込まれて車裂に処されている。遼代において平王の子の陳哥が父王を殺そうとして車裂にあったのを最後に、以降の時代は凌遅刑のような残酷な処刑そのものは行われていたものの、車裂に限っては廃止された。[2], https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=八つ裂きの刑&oldid=79599077. /uSUr0Pqx/5bZX/bbv7klK9D6sf+W2V/227+5JSvQ+rH/ltlf9tu/uSUr0Pqx/5bZX/bbv7klK9D bf8A+RSUr/nr9Xv9O7/tt/8A5FJSv+ev1e/07v8Att//AJFJTodM6vg9XrfZgvL21kNcS0t1In84 f9tu/uSUr0Pqx/5bZX/bbv7klN3otP1fb1XGOL1LIuuD/ZW9jg1xg6EkJKe5SUpJSklOT9U//Er0 Ha0nU/S7BJT0CSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKcn6p/8AiV6N/wCm/F/881pKdZJS SSlJKUkpSSlJKcn6p/8AiV6N/wCm/F/881pKdZJSklPLdTs6qM+8Uddw8Wvd7aLHsDmDwILSUlNX 9up+29RxbqN36Sthr3OHgNtQKSnp0lKSUpJTk/VP/wASvRv/AE34v/nmtJTrJKUkp4Prb/qoOrZI 刑罰の一覧(けいばつのいちらん)は、古今東西の刑罰を集め一覧としたものである。「刑罰」も参照のこと。, これらの刑罰の共通点として、人体を生きたまま解剖し細かな部位ごとに切除する点が挙げられ、こうした処刑方法を総称して「解体刑」と呼ばれることがある。処刑方法の中でもとりわけ残虐性・猟奇性の強い方法として後世に悪名を残しているといえる。, また、北朝鮮では、死刑囚の足に大釘を刺して鼻に鉄線を突き刺したあと、住民たちが石をぶつけ、最後には執行人が銃を撃って処刑する処刑方法がある。, 身体刑は、受刑者の身体の一部を傷つける刑罰である。現在ではあまり行われていないが、イラン・サウジアラビアなどイスラム教の原理主義の強いところではよく行われている。この中には、かつての日本で行われていたものもある。, 肉体的な苦痛ではなく、精神的苦痛を与えることを目的とする刑罰の一種で近代まで行われていた。現代では実施している国は無い。, 中世から近代にかけ、ヨーロッパで広く行われた晒し刑。単独で成立する。共同体のルールを犯した者を、町の広場のさらし台に縛り付け、それぞれの罪を象徴する「恥辱の仮面」や「恥辱の帽子」、「恥辱のマント」といったアイテムを着けて一定期間晒し者にし、市民の嘲笑を受けさせたもの。頭と足だけ出して身体を樽で密封する「恥辱の樽(英語版)」というものもあった。この「恥辱の樽」はのちに手を加えられ、「鉄の処女」として見世物にされた。, 同業組合の規定を破った親方などは、広場で鳥かご状の檻に閉じ込めて建物などから肥桶の上に吊るし、空腹に耐えかねて自分から肥桶に落ちるまで晒し者にした。, 戦国時代から江戸時代にかけての日本で行われた「縛り首」は斬首刑のことであり注意が必要である。これは両手を後ろ手に縛ってから首を刎ねたことに由来する。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=刑罰の一覧&oldid=80114424. vRwv/not/wC27f8A0qkpXo4X/wA9Fv8A23b/AOlUlK9HC/8Anot/7bt/9KpKV6OF/wDPRb/23b/6 -537- ドイツにおける動物保護の変遷と現状 ... 放棄の禁止、馬の断尾の禁止など、禁止事項は多岐に … s8/7q/gkpX/Z5/3V/BJSv+zz/ur+CSlf9nn/AHV/BJSv+zz/ALq/gkpX/Z5/3V/BJSv+zz/ur+CS Kcn6p/8AiV6N/wCm/F/881pKdZJSklKSUpJSklOZmfVronUMl+Xl43qXWRudvsbO0Bo0a8DgJKQf uSUpJSklOT9U/wDxK9G/9N+L/wCea0lOskpSSnk+qMtPULy36xNxBu/o5dGz+T9MJKavp3f/AD1M TYn1U6JhZFeVj0ubbUdzCXuMH4EpKddJSklKSU5P1T/8SvRv/Tfi/wDnmtJTrJKUkp53Pxvrm/Mt BJTdSUpJSklKSUpJSklKSUpJTk/VP/xK9G/9N+L/AOea0lOskpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpSS kpXq9a/+eTB/7cr/APIJKV6vWv8A55MH/tyv/wAgkptdMs6qc+gX9dw8qvd7qK3sLnjwADQUlPUp d0/Lprxi79E1wZIb5zS78qSmv9k+v/8A3Oo/zWf+kElK+yfX/wD7nUf5rP8A0gkpX2T6/wD/AHOo 5��+[hX"���-l�m����=|�NW��\R]s�JQ��N�a��U̶��%._?��ZXS7G�&Vt���փɡlWDÔ� #P�AQ��e1���q{�8�KƟO����T��. 6sf+W2V/227+5JSvQ+rH/ltlf9tu/uSUr0Pqx/5bZX/bbv7klK9D6sf+W2V/227+5JSvQ+rH/ltl LM55Y2wlrSGl2oE/mgpKc/8A56/V7/Tu/wC23/8AkUlK/wCev1e/07v+23/+RSUr/nr9Xv8ATu/7 SU2UlKSUpJSklKSUpJSklKSUpJSklPL/AFY+s/1bx/q30mi/q2DVbVg4zLK35NTXNc2pgc1zS+QQ /vQkpW764f8AlNg/cz/3oSUrd9cP/KbB+5n/AL0JKVu+uH/lNg/cz/3oSUrd9cP/ACmwfuZ/70JK ZeLys4TD03Xj80aUpIW0lcTU5PSltcXV5fVWZnaGlqa2xtbm9ic3R1dnd4eXp7fH1+f3/9oADAMB 八つ裂きの刑(やつざきのけい)とは世界各地で行われていた死刑の執行方法の一種 。 被処刑者の四肢を牛や馬などの動力源に結びつけ、それらを異なる方向に前進させることで肉体を引き裂き、死に至らしめるものである。 OdOUlPM/+vB/4L/wJJSv/Xg/8F/4EkpX/rwf+C/8CSU9NifaPslP2uPtHps9aIjfA38acpKTJKUk pSSlJKUkpSSnJ+qf/iV6N/6b8X/zzWkp1klKSUpJSklKSUpJSklKSUhy/tH2S77JH2j03+jMRvg7 /wCU2D9zP/ehJTMZH12a0Nb0rDDWnc0AtAB8R+scpKbeDmfXGzLqZn4OPVjF0WvY4Fwb5fp3fkSU

j99X/kklK9T6lf6LqP31f+SSUr1PqV/ouo/fV/5JJSvU+pX+i6j99X/kklN3oj/qoerYwwq80ZG/ 49 :2020/10/14(水) 08:17:03.48 ID:JLfmZ5PT0.net >>15. SlfYc/8A+dqj/PH/AJNJSvsOf/8AO1R/nj/yaSlfYc//AOdqj/PH/k0lK+w5/wD87VH+eP8AyaSl WP8Aypyv+3Hf3pKV6/1Y/wDKnK/7cd/ekpXr/Vj/AMqcr/tx396Slev9WP8Aypyv+3Hf3pKS4g+r JKT43SPqtl21MqPUvTveKq8hzWCovP5m70+UlPQYP1L6X0/Lqzabch1lLtzQ9zC0nzisJKd9JSkl 8zvq5/3E/wDBbf8A0okpX/M76uf9xP8AwW3/ANKJKV/zO+rn/cT/AMFt/wDSiSlf8zvq5/3E/wDB aRnXfY+o4tOPu/R12Gvc0ee6on8UlNSu763XN3VdYwbGgxLXUkT8qklMp+uf/lrh/fV/6RSUqfrn %����

94 :2020/10/14(水) 09:05:05.10 ID:qGdOGJ7R0.net >>29. application/pdf uuid:DDC21B3CDBE7DE1199228EB605385BD0 AOkklK+39a/+ePB+6v8A9JJKV9v61/8APHg/dX/6SSU2MVv1pzg44fW8W8MgONbGOieJilJTewsL lf8APzofhf8A5g/8mkpX/Pzofhf/AJg/8mkpX/Pzofhf/mD/AMmkpX/Pzofhf/mD/wAmkpX/AD86 72.00

sH7mf+9CSlbvrh/5TYP3M/8AehJSt31w/wDKbB+5n/vQkpW764f+U2D9zP8A3oSUrd9cP/KbB+5n lJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpyfqn/4lejf+m/F/wDPNaSnWSUpJSklKSUpJTi9R+tvSumZ

%PDF-1.5 lmDki021bd2xoI9zQ8a7h2ckprf8/Oh+F/8AmD/yaSlf8/Oh+F/+YP8AyaSlf8/Oh+F/+YP/ACaS 6115Vb83qFN2O102VtraC4eAIqb+VJTupKUkpSSnJ+qf/iV6N/6b8X/zzWkp1klKSU4HUs76wm6/ MjsyMjIyOzs7Ozs7Ozs7Ozs7Ozs7OztAQEBAQDtAQEBAQEBAQEBAQEBAQEBAQEBAQED/wAARCAEA Inches Ur1PqV/ouo/fV/5JJSvU+pX+i6j99X/kklK9T6lf6LqP31f+SSUr1PqV/ouo/fV/5JJSvU+pX+i6 7cr/APIJKV6vWv8A55MH/tyv/wAgkpXq9a/+eTB/7cr/APIJKV6vWv8A55MH/tyv/wAgkpXq9a/+ 渋谷はよく見かけるね 平べったくてクソうるさい馬だか牛だか . Sler0v8A+dq/77P/ACKSler0v/52r/vs/wDIpKV6vS//AJ2r/vs/8ikpXq9L/wDnav8Avs/8ikpX Od9zP/SSSlfZ/qR/3JzvuZ/6SSUr7P8AUj/uTnfcz/0kkpX2f6kf9yc77mf+kklK+z/Uj/uTnfcz

f9uM/wDSSSlf8xum/wDcrM/7cZ/6SSUr/mN03/uVmf8AbjP/AEkkpNhfVHAwcqvLqyMp76nbg172 31中川.indd /Kkpy/t/Wv8A548H7q//AEkkpX2/rX/zx4P3V/8ApJJSvt/Wv/njwfur/wDSSSlfb+tf/PHg/dX/ AJc9P/8AYqn/ANKJKV/zs+qv/lz0/wD9iqf/AEokpX/Oz6q/+XPT/wD2Kp/9KJKV/wA7Pqr/AOXP �, <>/ExtGState<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> Adobe InDesign CS3_J (5.0.4) 4v8A55rSU6ySlJKcPN6n9ZKcqyrE6Y26lrorsLwNw8Y3JKQftf62/wDlO3/twf8AkklK/a/1t/8A Adobe PDF Library 8.0 q9L/APnav++z/wAikps9M/Zl2fRWOgXYxLwRc42QwjUOMgeCSns0lKSUpJTk/VP/AMSvRv8A034v 76SlJKUkpyfqn/4lejf+m/F/881pKdZJSklPDdap+r7uq5JyupZFNxf762McWtMDQEBJTS9D6sf+ /9j/4AAQSkZJRgABAgEASABIAAD/7QAsUGhvdG9zaG9wIDMuMAA4QklNA+0AAAAAABAASAAAAAEA xNTk9KW1xdXl9VZmdoaWprbG1ub2N0dXZ3eHl6e3x9fn9xEAAgIBAgQEAwQFBgcHBgI7AQACEQMh

H4X/AOYP/JpKV/z86H4X/wCYP/JpKbXTfrX0vquW3CxRaLHgkb2gD2iT+cUlOykpSSlJKUkpSSlJ i6j99X/kklK9T6lf6LqP31f+SSUr1PqV/ouo/fV/5JJSvU+pX+i6j99X/kklK9T6lf6LqP31f+SS 1etf/PJg/wDblf8A5BJSvV61/wDPJg/9uV/+QSUr1etf/PJg/wDblf8A5BJSvV61/wDPJg/9uV/+ s+qv/lz0/wD9iqf/AEokpX/Oz6q/+XPT/wD2Kp/9KJKV/wA7Pqr/AOXPT/8A2Kp/9KJKV/zs+qv/ QSUrbZ/863/V/wDkElK22f8Azrf9X/5BJSttn/zrf9X/AOQSU2+lB/7Ron6vfZBv/pHu9nnq0JKe

{����?��E�!��#��#����+*�4E]@s�V���n���!�ѓI�����$�������8jN�p�qA���Wx�ysN���� %PDF-1.3 %���� vs/8ikpXq9L/APnav++z/wAikpXq9L/+dq/77P8AyKSler0v/wCdq/77P/IpKV6vS/8A52r/AL7P 80lIP+zz/ur+CSlf9nn/AHV/BJSv+zz/ALq/gkpX/Z5/3V/BJSv+zz/ur+CSlf8AZ5/3V/BJSv8A 9zqP81n/AKQSUr7J9f8A/udR/ms/9IJKV9k+v/8A3Oo/zWf+kElK+yfX/wD7nUf5rP8A0gkpX2T6 3 0 obj

proof:pdf QiMkFVLBYjM0coLRQwclklPw4fFjczUWorKDJkSTVGRFwqN0NhfSVeJl8rOEw9N14/NGJ5SkhbSV SSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpyfqn/wCJXo3/AKb8X/zzWkp1klKSUpJSklKSUpJSklNLqfV8HpFb 中国や日本の律令制では比較的軽い「笞刑 ... 江戸期日本の死罪以上の罪人に行われた付加刑で、罪人を馬に乗せ、罪状を書いた捨札などと共に刑場まで公開で連行していく。 時代劇で「市中引き回しの上打ち首獄門」などと言われる物である。 この刑は、強盗殺人を犯した者に対し適用され�

Kdv/AG4P/JJKV+1/rb/5Tt/7cH/kklK/a/1t/wDKdv8A24P/ACSSmdHVfrS+6tl3Smsrc5oe/wBQ 警察ではないが、銀座ら辺は馬走ってるだろ . /wCWuH99X/pFJSp+uf8A5a4f31f+kUlKn65/+WuH99X/AKRSUqfrn/5a4f31f+kUlKn65/8Alrh/ JSttn/zrf9X/AOQSUrbZ/wDOt/1f/kElK22f/Ot/1f8A5BJSttn/AM63/V/+QSUrbZ/863/V/wDk eTB/7cr/APIJKV6vWv8A55MH/tyv/wAgkpXq9a/+eTB/7cr/APIJKV6vWv8A55MH/tyv/wAgkpXq KSU5P1T/APEr0b/034v/AJ5rSU6ySlJKeb6i76zjNu+x9LxL6N36O2wN3OHiZub+RJTW3fXD/wAp lfZPr/8A9zqP81n/AKQSU2MDG+ubMyp3UMumzGDv0rWhklvlFLfypKeiSUpJSklOT9U//Er0b/03 プロイセン王国が中心となり統一されたドイツ帝国の「ドイツ刑法典360条13号」(1871年)に ... 48. H��� 4�]��ƾdɖ-È�c�.j��}���[v*�E�F��5�-%Kxl����"J��x��t����>�}��=����n�w��������.� �DQ������*�XTh� ��N��wL������<1�xH�D�%()��&�9��\�6��u PBGaؿ� �{r��0��� @� V �#I��6�=fo4��o�@Z���:e�ƣ��:��8"�*PM�x��O��"aBH�Q�%�x_"g���8w�*4���Ȁ �=� ������( �@�E���P3�����aLi

/nmtJTrJKUkp5Tqt3VGZ93o9dxMavd7aHubvYI4cNhKSmv6vWv8A55MH/tyv/wAgkpXq9a/+eTB/ �S�Q-��3h�i���r���L��XZN�&�؝8tO�s kpSSlJKUkpSSlJKUkpSSlJKUkpyfqn/4lejf+m/F/wDPNaSnWSUpJSklKSUpJSklKSUpJSklNbqO 【今日直擊】菊梓喬(Hana)今日以代言人身分出席美容店開幕活動,很滿意疫情下有工開。首次擔任代言人的她,在廣告中會穿上健康性感服裝,當中最難忘是要像美人魚般拗腰,前後拗了幾小時,結果回家 …

PDF/X-1:2001 もみじおろしの刑だな . /wD/AHOo/wA1n/pBJSvsn1//AO51H+az/wBIJKV9k+v/AP3Oo/zWf+kElK+yfX//ALnUf5rP/SCS b/034v8A55rSU6ySlJKeT6oep/tC/wBHoOLlM3e299Qc548SZSU1Z6x/87WH/wBsN/vSUqesf/O1 AQBIAAAAAQAB/+4AE0Fkb2JlAGQAAAAAAQUAAuVM/9sAhAAMCAgICAgMCAgMEAsLCxAUDg0NDhQY P/SSSlfZ/qR/3JzvuZ/6SSUr7P8AUj/uTnfcz/0kkpX2f6kf9yc77mf+kklK+z/Uj/uTnfcz/wBJ endobj

7/56mf5x/wDSiSlend/89TP84/8ApRJSvTu/+epn+cf/AEokpXp3f/PUz/OP/pRJSvTu/wDnqZ/n 市中引き回し(しちゅうひきまわし)は、江戸時代の日本で行われた刑で、死刑囚を馬に乗せ、罪状を書いた捨札等と共に刑場まで公開で連行していく制度である。「市中引廻し」とも。, 市中引き回しは死罪以上の判決を受けた罪人が受ける付加刑であり、単独の刑罰ではない。受刑者を馬や車に乗せ、罪状の告知文とともに市中を行進させることは、日本のみならずかつては世界で広く見られた。目的刑論の立場からは、受刑者は処刑されるだけでなく、処刑を公衆に見せる必要があるからである。, 刑が確定した罪人は伝馬町牢屋敷から出された後、縄で縛られて馬に乗せられる。罪状が書かれた木の捨札や紙で出来た幟、刺股や槍を持った非人身分の雑色が周りを固め、南北町奉行所の与力と同心が検視役として罪人を挟む形で後ろを固め、江戸市中を辿った。時代劇等では罪人は鞍の付いていない裸馬に乗せられているが、実際は菰を敷いた鞍の上に乗せられていた。, 一つは伝馬町牢屋敷から江戸城の周りを一周し、牢屋敷に戻って処刑が行われる「江戸中引廻」。, もう一つは伝馬町牢屋敷から江戸城の外郭にある日本橋、赤坂御門(赤坂見附駅付近)、四谷御門(四ツ谷駅付近)、筋違橋(現在の万世橋近くにあった橋)、両国橋を巡り、当時の刑場である小塚原や鈴ヶ森に至る「五ヶ所引廻」があり、各場所と刑場には罪人の氏名、年齢、罪状が書かれた捨札が掲げられていた(すなわち六つの捨て札が立つことになる)。, 経路の選定は、五ヶ所引廻の方が最終的に受ける刑罰が厳しいため(牢屋敷で行われる刑罰は獄門が最高刑であり、当時の極刑である火刑や磔は刑場で行われた)、罪状の軽重で決められていたようである。, 期間と場所が限定されるが、江戸と大阪町奉行が管轄していた地域内では、以下の表のように市中引き回しが行われた[3]。, 表の引回付加率より、全死刑執行の内、市中引き回しがされた割合は2割前後であり、全ての死刑に付加されたわけではない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=市中引き回し&oldid=80018570, 市中引き回しは1日がかりの行程であり、それに加えて実行側も気分の良いものではないため、あまり進んで参加しようとする者(実行側)は居無かったと言われている。(五ヶ所引廻では約20kmに及ぶ)また死出の旅ということで罪人には金が渡され、求めに応じて道中酒を買わせたり、煙草を買わせたりした。しかし, 市中引き回しは、知名度の高い罪人が処される時にはさながら庶民の見世物と化し、罪人が貧相な風体をしていると江戸市民の反感を買いかねないため、それを嫌った幕府は引き回しの時に調度を整えさせた。例えば. 1U59Av67h5Ve73UVvYXPHgAGgpKepSUpJSklOT9U/wDxK9G/9N+L/wCea0lOskpSSnhutXfV9vVc