その根拠なのですが、まず2019年に新型ジュークが発売が予定されており、そのプラットフォームとメカニカルコンポーネンツを共用する形で、新型rvrの製造&リリースが予定されているため。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright© vehicle info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. ”三菱の新型RVRが発売される”というニュースは少し前から浮上していました。三菱のユーザーにとって気がかりなのが、現状のルノー日産&三菱という連合の図式のため、三菱カラーが消えたモデルになってしまうのではないかとのこと。ここでは、新型RVRの発売日・時期がいつか、価格・実燃費・スペック・エクステリアデザインがどうなるのかを取り上げます。, >> 国産車のおすすめ一覧サクッとまとめ(スズキ・ダイハツ・マツダ・三菱・日産編), その根拠なのですが、まず2019年に新型ジュークが発売が予定されており、そのプラットフォームとメカニカルコンポーネンツを共用する形で、新型RVRの製造&リリースが予定されているため。, つまりは、2019年に発売予定の新型ジュークのデザインやスペックを見れば、新型RVRがその基本となるデザインなどの外観を踏襲すると思われることから、ある程度イメージが湧くという言い方もあります。, ただ、個人的には、新型ジュークと新型RVRは、プラットフォームを共用することで、共通項がたくさん生まれることは仕方ないと思いますが、できるだけ棲み分けをしっかりと行なっていただきたいと思います。それは、デザインなど外観はもちろんのこと、 乗り味などを含めて特色・個性をしっかりと色分けしてもらいたいな~と思います。, 三菱の新型RVRという車名ではありつつも、実際には、ルノー日産&三菱の社アライアンス(連合)からの発売という図式にも見えますので、このあたりきちんと個性のすみ分けをしないと飽きられるかもしれないですね。, 正直、同じ匂いのするモデルが、時期が違いこそ次々と登場してくるのはつまらないなあ~と思いますね。, その理由なのですが、まず現行モデルのRVRの新車価格は、205万円から275万円までとなっています。, ですが、新型RVRに関してはプラットフォームを刷新し、後述しますがパワートレインも三菱製1.5Lガソリンとは別に、日産製の1.2Lエンジンを使ったe-POWERのラインナップも予想され、これらのスペックアップを加味すると、新型RVR発売時に、この程度の値上がりはありえるでしょう。, 新型RVRに価格に見合った魅力がどの程度あるのかは、パワートレインがはっきりとしてから分かるでしょうし、あとはエクステリアデザインと内装デザインの個性でどれだけ惹きつけるかことができるかにかかってくると思いますね。, 没個性な新型RVRだったら自分はあまり興味を引かれないかなあ~と思います。ま~それも、試乗してみないと分からないですね。, 現行のRVRのデータで見ると、JC08モード燃費数値と実燃費の数値にもある程度の開きが。, 高速走行かあるいは流して乗るのか、街乗りで乗るのかで大きく異なるのが実燃費。ですが、現行のRVRは、1.8Lのエンジンに対して車重が重すぎるのか、比較的実燃費は良くない印象が。, 乗り方によりますが、実燃費は9.0km/L~12.0km/L程度です。ただ、JC08モード燃費では、15.0km/Lオーバーですので、まあまあこんなものかもしれません。, これらを踏まえると、新型RVRについても、乗り方で差が出るとはいえ、逆にこの程度(上記の数値)は走ってもらわないと困るでしょう。, パワートレインとして想定される三菱の1.5Lガソリンエンジンですが、正直非力な感じがします。 実際、現行のRVRは1.4トン台の車重に対して1.5LSOHCエンジンを搭載していますが、正直パワー不足な感が・・・。, 新型RVRでは、現行モデルと比べさらなる軽量化が想定されてはいますが、それを差し引いても、やはりパワー不足を感じる局面・シーンが多いんじゃないかなと思いますね。, この辺りは実際に試乗してみないとわからない部分かもしれませんし、また、現状は開発段階であることから、近い将来的にさらなるパワートレインのブラッシュアップがあり改良されるかもしれません。, さらに、注目したい点として日産1.2Lエンジンを使ったe-POWER搭載の予定だということ。そもそも日産は新型ジュークにこのパワートレインの搭載を計画していると言われ、それを三菱が採用するということです。, 三菱が日産のパワートレインを共用する予定でいることに対して、ちょっとした驚きを個人的には持っています。, しかし、大局的に見れば、三菱と日産の双方が持つ、これから未来の主流となるパワートレインのトレンドに対する思惑が一致してるということでもあり、合理的な判断だったのでしょう。, ですので、現在、三菱側は、新型RVRに日産1.2Lエンジンのe-POWERを適合させるべく、開発中の真っ最中なのかもしれません。, ちなみにですが、e-POWERについてですが、ハイブリッドとは逆の発想にあるシステムで、エンジンで発電⇒モーターで駆動というシリーズハイブリッドという構造のこと。つまり、バッテリーを充電させるためにガソリンを使って走行用バッテリーを充電する仕組みです。, e-POWERを採用することで、高い加速性能を引き出すことができ、走りの楽しさを味えるメリットがあります。, つづいて、外装(エクステリアデザイン)ですが、こちらがコンセプトデザインの画像になります。, 同じプラットフォームを共用する関係上、前述の通り、2019年に発売予定の新型ジュークが参考になることでしょう。, その新型ジュークの予想CG画像がこちらなのですが、直感で感じる印象としては、フロントからルーフを通るラインについては丸みを取り入れ、フロントとリア部は、スクエアでソリッドな印象。, やはり、最近のトレンドは”怒り顔”ということもあり、これはこれで好みの問題かもしれませんね。現行のモデルは、ボディラインが全体的に丸みがあり、ふっくらとした印象がありますがそれと比べると、新型RVRは、さらに角ばって怒った顔になることが予想されます。, ただサイドサイドのボディーラインなどを見ていますと、ソリッド感が増してるため、光の当たり具合での反射などで、また違った印象でクルマの美しさを表現できるかもしれません。夜間のライトが当たった時などのキラキラ具合は、綺麗かもしれません。, ただ、その辺を”ごちゃごちゃ感が漂う”ととらえるか、”個性”ととらえるかが意見が分かれるところな気がします。ただデザインとしては、ターゲット(ペルソナ)を20代から30代に絞ったものかな~と感じます。, また、車高についても低めに抑えてあり、空力を徹底して考えられている印象と、同時にデザインのスッキリ感を強調している感じがします。, 言い方を変えるとよりコンパクトになった印象があり、車内空間も現行モデルよりも狭くなるかもしれません。ただ、もともと、車内空間の広さを求めるモデルの SUV ではないと思いますので、割り切って乗るのは全然アリですね。, 個人的には、三菱の新型RVRについては、もし仮にルノー日産&三菱のアライアンスのカラーが”悪い意味”で出てしまうようだと残念感があると思いますね。, おそらく、アライアンスを結んだ経緯や背景としては、それぞれが共用できるものは共用してコストカットすると同時に、浮いたお金を開発費に回して・・・ということなんだと思います。, ですが、デザインなどについても共用意識が強く出すぎると、いわゆる”つまらないクルマ”になりかねない感じもします。けっこう、アライアンスでのベストな運用は難しいんじゃないかと思いますね。, >> 新型RAV4(5代目)の日本発売時期はいつ?価格(値段)予想・スペック・実燃費&エクステリアと内装の画像は?. ただ、個人的には、新型ジュークと新型RVRは、プラットフォームを共用することで、共通項がたくさん生まれることは仕方ないと思いますが、できるだけ棲み分けをしっかりと行なっていただきたいと思います。それは、, デザインなど外観はもちろんのこと、 乗り味などを含めて特色・個性をしっかりと色分け, ですが、新型RVRに関してはプラットフォームを刷新し、後述しますがパワートレインも三菱製1.5Lガソリンとは別に、日産製の1.2Lエンジンを使ったe-POWERのラインナップも予想され、これらのスペックアップを加味すると、新型RVR発売時に、, 高速走行かあるいは流して乗るのか、街乗りで乗るのかで大きく異なるのが実燃費。ですが、, 現行のRVRは、1.8Lのエンジンに対して車重が重すぎるのか、比較的実燃費は良くない印象が。, 新型RVRについても、乗り方で差が出るとはいえ、逆にこの程度(上記の数値)は走ってもらわないと困るでしょう。, ちなみにですが、e-POWERについてですが、ハイブリッドとは逆の発想にあるシステムで、エンジンで発電⇒モーターで駆動というシリーズハイブリッドという構造のこと。つまり、, バッテリーを充電させるためにガソリンを使って走行用バッテリーを充電する仕組みです。, ただサイドサイドのボディーラインなどを見ていますと、ソリッド感が増してるため、光の当たり具合での反射などで、また違った印象でクルマの美しさを表現できるかもしれません。, ただ、その辺を”ごちゃごちゃ感が漂う”ととらえるか、”個性”ととらえるかが意見が分かれるところな気がします。, 新型ジュークのフロントリアと似たデザインで個性をどう&どの程度表現できるか見どころ, 個人的には、三菱の新型RVRについては、もし仮にルノー日産&三菱のアライアンスのカラーが, 新型RAV4(5代目)の実燃費はCR-Vよりスゴイか比較!平均実燃費はどれくらい?, ホンダ新型インサイトの発売日はいつ?価格(値段)・スペック&実燃費・エクステリア&内装は?, レクサスのボート(ヨット)LY650の価格(値段)・スペック&日本発売時期は?ライバル比較も!, ダイハツ新型ミラトコット2018の実燃費は?試乗で分かった燃費は実際のところは良いor悪い?, アルファロメオのSUVカマルの日本発売日はいつ?価格&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?, 【体験談】100均のスマホ粘着シート!車に固定はセリア・超強力吸着シートで決まり!. 運転支援機能の強化等により開発に時間がかかっており、今年中の市場投入は難しいと判断したとのこと。さらに提携先である日産とのプラットフォーム共有により、開発方針のすり合わせに時間がかかっていることも遅れが発生した理由のひとつであると推測されます。, ジュネーブ国際モーターショーでお披露目されるコンパクトSUV「ASX(日本名RVR)」, ジュネーブ国際モーターショー2019でお披露目予定の三菱ASX(日本名RVR)のリヤのエクステリア, 三菱自動車工業から、コンパクトSUV「ASX(日本名RVR)の2020年モデルをジュネーブ国際モーターショーで世界初披露されることが分かりましたが、残念ながら開催が中止となってしまいました。, 新型RVRのエクステリアはデザインフィロソフィ「Robust & Ingenious」をベースとして、無駄なものを排除し、大幅に変えています。, ボディカラーには深い輝きの中にも鮮やかさを持つレッドダイヤモンド、パワフルでスポーティな印象のサンシャインオレンジ、落ち着いた上質な印象のオークブランの3種類が採用されています。, 車の顔とも言えるフロントフェイスはエクリプスクロスに似たダイナミックシールドを採用、プロテクト形状のバンパーと水平・垂直基調のフロントグリル部分をスクエアラインにし、スキッドプレート形状にしたバンパー下部からなるシルエットは、頑丈で力強さを印象付けます。特徴的なのはバンパーサイドにターンランプとフォグランプを配置したフロントランプで、三菱ならではのデザインを演出しています。, リヤは、ターンランプ以外のリヤコンビランプにLEDを採用し、ワイド感を出すために、車幅に広がる水平貴重の見た目となっており、スキッドプレート形状になったバンパー下部により、さらに力強さをアピールできる見た目です。, ジュネーブ国際モーターショー2019に登場するコンパクトSUV「ASX(日本名RVR)」のインテリア, インテリアは、これまで7インチだったモニター画面が8インチに拡大され、スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)も改良され、USBメモリーに入れた動画をSDA画面で楽しめるようにもなっています。, 上級クラスのASXには搭載されているナビゲーションシステムには、オランダのTom Tom社のナビが搭載されています。また、スマホを使ってインターネットを楽しめるだけではなく、交通情報がリアルタイムで入手できたり、車速や走行距離、各種の警告等など、ASXの車両情報を活用できるアプリの提供もされる予定です。, フルモデルチェンジした次期RVRはボディサイズをコンパクトにしてエクリプスクロスと明確な差をつけると考える, 2019年12月に発売されると予想されている新型RVRは、ボディサイズが少しコンパクトになると考えます。三菱のクロスオーバーSUV3兄弟であるアウトランダー・エクリプスクロス・RVRのボディサイズを見比べてみると、アウトランダーとエクリプスクロスにはしっかりと差がついているのに対して、エクリプスクロスとRVRはそれほど差がありません。, 1番大きいアウトランダーと2番目のエクリプスクロスでは、全長に200mm以上の差がついていますが、エクリプスクロスと3代目RVRでは40mmしか変わっておらず、少し縮小され全長が4,200mmほどになるのではないかと考えます。, 新型RVRのボディサイズはコンパクトになり取り回しのしやすいサイズ感になります。ボディサイズで見るとトヨタのC-HRやホンダのヴェゼル、マツダのCX-3と同じサイズとなります。競争が激しいコンパクトSUVの領域に乗り込んでいく新しいRVRは、クロスオーバーSUVに新しい風を吹かせるでしょう。, 新型RVRはコンセプトモデルの「XR-PHEV2」のパワートレインを受け継ぐ可能性も, ジュネーブモーターショー2015で発表されたコンセプトXR-PHEV2ですが、スタイリングは2018年に発売されたエクリプスクロスと酷似していますが、初代のコンセプトXRの時に発表されていたダウンサイジングターボエンジンの1.1Lターボが新型RVRに搭載されるのではないかと考えます。, ほかにも現実味のある搭載エンジンは日産の1.2Lエンジンとリーフのパワートレインを使ったレンジエクステンダーEVのe-powerです。日産ではノートやセレナに搭載されているエンジンで、コンパクトSUVのRVRにもピッタリのエンジンです。, 2019年12月に発売すると考えている新しいRVRには、三菱のコンセプトカーに搭載されている1.1Lターボエンジンか日産のe-powerが搭載されると考えます。2010年から販売されているRVRには1.8Lエンジンが搭載されていますが、ダウンサイジングされるため運動性能はそのままに税金が安くなる・燃費があがるなどのメリットがあります。, 新型RVRのフルモデルチェンジは2010年の登場から9年後の2019年12月になると考えます。直近のマイナーチェンジは2017年2月に入っていて、2年後の2019年12月にはフルモデルチェンジが行われると予想します。, 2018年には安全装備のe-Assistが全車標準装備となり、安心感が増しています。次のRVRでも安全装備は全車標準装備になり、いずれはオレンジアクセントが力強いACTIVE GEARも設定されるのではないかと考えます。, プラグインハイブリッドモデルのほかにも、将来的にはEVモデルが発売されるのではないかと考えていて、三菱の車も将来に向けて電動化を進めていくでしょう。, 実はコンセプトカーでEVモデルは発表されていて、東京モーターショー2015でお披露目された「EXコンセプト」が新型RVRではないかともいわれています。S-AWCを搭載した4WDシステムと、大容量バッテリーで航続可能距離は400kmです。, 電気で400kmも走るのなら普段の街乗りには十分のスペックで、使い方によりますが1週間に1回程度充電をすればいいと感じるため、ガソリン車と変わりのない生活になると考えます。, 三菱のRVRは1991年にデビューしたRV車で初代は1991年から1997年、2代目は1997年から2002年、3代目のRVRは2010年にクロスオーバーSUVとして復活して、当時はアウトランダーの弟分として登場しています。, 初代と2代目では後ろにスライドドアを搭載したRV車で、3代目からは全てヒンジドアになったクロスオーバーSUVとなっています。初代では6年・2代目では5年かけてモデルチェンジしていますが、3代目RVRは2010年の登場からすでに8年以上が経過しています。, 三菱の顔であるダイナミックシールドを採用したマイナーチェンジは2017年に行われているため、2年後の2019年12月には4代目の新型RVRが誕生するのではないかと考えます。, 3代目RVRが登場した2010年は日産デュアリスがライバルとしていましたが、デュアリスは生産終了しています。少しコンパクトになると予想している新型RVRはトヨタのC-HRやホンダのヴェゼルがライバル車となるでしょう。, 新型RVRは3代目よりも少しボディサイズが小さくなると考えていて、モデルチェンジをするごとに肥大化していく最近の車種には珍しい傾向だと考えます。ボディサイズは新型RVRが少しだけ全長が短いくらいで、全幅や全高は同じサイズ感です。, 搭載しているエンジンは、新型RVRのみガソリンエンジンでC-HRやヴェゼルはハイブリッドエンジンを搭載しています。燃費はほかのモデルに比べて劣りますが価格帯は1番安くなると考えます。, 三菱が販売するSUVのRVRは、2010年に発売した3代目RVRが2018年でもマイナーチェンジを施され販売が継続しています。モデルチェンジが行われ4代目となるのは2019年12月発表の2020年頃と予想します。, ボディサイズはエクリプスクロスに近づくのではなく、逆に小さくなりよりコンパクトなクロスオーバーSUVとなるでしょう。また、搭載されるエンジンは1.1Lガソリンターボエンジンで、排気量は小さくなりますがターボがついているため運動性能は変わらないと考えます。, 燃費はさすがにハイブリッドカーには負けますが、従来よりも向上して20.0km/L付近になるのではいかと考えます。ライバル車のC-HRやヴェゼルにはハイブリッドエンジンがありますが、RVRにはないので日産のe-power導入の可能性も高いでしょう。.