TOSHI:「どれだけ耳が遠いの?」, YOSHIKI:「なんで最近ドラムセットに座ってるの?」 TOSHI:「仲良しこよしの時間なの?」

マッスル, 格闘技, 石森太二のTAIJI THE WORLD, 腹筋トレーニング編の第3弾。今回も2種類のメニューを紹介します。一つは最近のお気に入りメニューで、もう一つは逆に最近はあまりやっていないメニューです。トレーニングのメニューは毎回同じだと筋肉が刺激に慣れてしまうので、定期的に変えることが大事。以前はやっていたけど、最近はやっていない……というようなメニューをたまに入れてみると、効果が上がることもあります。, 今回紹介する一つ目のメニューはアブベンチ(AB BENCH)。写真を見てもらえばわかるように、マシンを使った腹筋です。このアブベンチに乗ると、台が斜めになっているので、スタートポジションは腹筋が伸びた状態になります。この体勢から腹筋をグッと収縮させていきます。普通の腹筋よりも、筋肉の収縮を感じられるのでお気入りの種目の一つです。, 負荷はプレートで調整することができます。腹筋の収縮を意識してできる重量でやるほうがいいでしょう。重量を重くしすぎて腹筋以外の部位を使って上げてしまうと、当然腹筋への効果は落ちてしまうので注意が必要です。, 続いては腹斜筋を鍛えるサイドベンド。最近はあまりやっていないメニューですが、ボディビルに出場するときには、腹斜筋に効かせるために取り入れていました。やり方は片手にダンベルを持って、ダンベルの重量を感じながら上体を倒していきます。そしてダンベルを持っていない側の腹斜筋を使って上体を元に戻します。これを左右行ないます。, やるときの注意点は、上体を戻すときに腕でダンベルを引き上げないこと。使っていないほうの手で腹斜筋を押さえて、負荷を感じながらやるとしっかり効かせることができると思います。腹斜筋でしっかり重さを感じられる重量でやるようにすること。あまり重たすぎるとどうしても腕を上げようとしてしまうので、自分の筋力に合った負荷をかけるようにしましょう。, このサイドベンドは最近やっていない種目だったため、撮影用で久しぶりにやったらかなり腹斜筋に効きました。トレーニングメニューは定期的に変えたほうがいいということを、身をもって感じました。腹筋のメニュー紹介は次回でラストとなります。. hideとtaijiと言えば、2人もリーダーになれる実力がありながら、xに置いてはyoshikiを支え、アレンジを担当するような存在。taijiは、インディーズ時代にxの衣装・メイク・髪型までを担当し、非常にセンスのあるメンバー。 2020.08.14.

今回は洗脳から立ち直った高音ボーカル、X JAPAN(エックスジャパン)のToshIについてご紹介します。, ToshI(とし)はX JAPANのボーカリストです。誰もが知っているモンスターバンドのフロントマンですね。, 生年月日は1965年10月10日で、年齢は55歳です。ToshIの本名は「出山利三(でやまとしみつ)」で身長は163cmのA型です。小柄な体格の見た目と全く正反対の迫力のある声を出します。, また、ToshIは「龍玄(りゅうげん)とし」という名前でソロ活動で音源をリリースしたり、バラエティに出演したりしています。, ちなみに名前はバンドの時はずっとTOSHIでしたが、2010年2月9日にToshIに改名しています。そして2018年から「龍玄とし」をソロ活動の時にメインで使っています。特に「ToshI」か「龍玄とし」かのこだわりはないそうです。, ToshIは真面目な性格で知られています。ライブでの暴れん坊将軍な様子とは違い、テレビのトーク番組に出演する時は低い声で真面目に受け答えをよくしています。, ToshIはブログ、Instagram、Twitter、ニコニコ動画、YouTube、Facebookとかなり多くのSNSをやっています。積極的に発信していますね。, その中でも特によく更新しているのはTwitterとInstagramです。おすすめは写真が多いInstagramです。, ToshIは千葉県館山市出身です。父親は公務員で母親はピアノ講師でした。母親がピアノ講師ということで、音楽が身近にある家庭だったのですね。同級生であるYOSHIKIとは、幼稚園のすみれ組で出会っています。, 1977年、ToshIがまだ小学生で11歳の頃に初めてのバンド「DYNAMATE(ダイナマイト)」をYOSHIKIと結成します。この頃からハードロックやKISSのカバーを行っていたようです。その後、またYOSHIKIと1978年に「NOISE(ノイズ)」を結成します。, この時、ToshIはギター弾いていて、レッドツェッペリンなどをカバーしていました。しかしながら、途中でボーカルが別の中学に移ったため、代打としてToshIがボーカルになります。, ちなみに中学生時代はブラスバンドに所属していて、ユーフォニウムというマイナーな楽器をやっていました。, ToshIはその後、千葉県立安房高等学校に進学します。歴史ある進学校なので、頭もよかったことが分かります。学校ではバレー部に所属していて、坊主頭でバンド活動を続けていました。, ちなみにToshI曰く、この時の部活が厳しくて気合や声の出し方などを学んだと語っています。, そして、ToshIは1982年の高校2年生の時にYOSHIKIや他校のメンバーと「X」を結成します。IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)などのコピーをやっていて、当時から文化祭に大勢が集まるほど人気なバンドでした。, ToshIは高校卒業する時には「大学に進学しない」と決めていました。その事を音楽大学に進学するつもりだったYOSHIKIに告げます。それでYOSHIKIも音楽1本で生きていくことを決めて東京に出ます。, その後、Xに1986年にTAIJIが加入、1987年にPATA、HIDEが加入します。1989年にXはメジャーデビューをします。その後、1992年にTAIJIがYOSHIKIとの不仲により脱退して、代わりのベースにHEATH(ヒース)が加入します。, 同じく1992年にバンド名を「X JAPAN」に変更します。X JAPANはその後、全国ツアーを開催したり、ミュージックステーションのスーパーライブに出演したりします。そして、1997年にX JAPANは解散、1998年にHIDEが死亡します。, その約10年後の2007年に再結成して2009年にSUGIZOが加入して、現在までToshIはX JAPANのボーカリストとして活動しています。, ToshIのボーカルはなんといってもハイトーンボイスです。地声で高いミくらいまで出しています。一般人にはまず無理なレベルで、女性にも高いと感じるくらいですね。他のアーティストでも裏声を使って歌う高さですが、ToshIは地声です。, 同じような音域のボーカリストにL’Arc〜en〜CielのHydeやDIR EN GREYの京がいます。その限られた人しか出せない音域をToshIは出しているので、歌唱力はかなり高いでしょう。, また、ToshIのボーカルの特徴としてビブラートや発声する直前に低い音を入れるしゃくりを使わないことがあげられます。一般的なビジュアル系の歌い方と正反対です。Hydeはビブラートもしゃくりも多用していますね。, ちなみにX JAPANの曲が高いのは、ToshIが出せる限界の高さで設定してあるからです。作曲者であるYOSHIKIは、ボーカリストが歌える限界の音域のメロディにすることで、そこでしか表せない感情が表現できるからという理由でその高さに設定しています。, X JAPANの曲は、AメロやBメロは普通に歌って、サビだけ裏声を混ぜたハイトーンという構成が多いです。, X JAPANはYOSHIKIの作詞作曲が多いです。中には少しだけToshIが作詞をしている作品があります。ToshIが作詞する代表作は「EASY FIGHT RAMBLING」です。YOSHIKIと共同で作詞しています。, 「VOICELESS SCREAMING」は1991年7月1日発売の3rdアルバム「Jealousy」に収録されている曲です。TAIJIが作曲していて、ToshIが作詞していた繊細で切ない曲です。全て英語の歌詞ですが、YOSHIKI作品とはまた違う魅力があります。, 「Desperate Angel」は1991年7月1日発売の3rdアルバム「Jealousy」に収録されている曲です。アメリカンロックンロールという表現がぴったりです。, 「PHANTOM OF GUILT」は1988年4月14日発売の1stアルバム「Vanishing Vision」に収録されている曲です。, ToshIのコンプレックスについて歌っています。最近は演奏されませんが、YOSHIKIのドラムがかっこいいです。, 「DRAIN」は 1996年11月4日発売の4thアルバム「DAHLIA」に収録されている曲です。HIDE作曲で、ToshIが作詞しています。電子音のリズムが多用されている楽曲です。, ToshIのソロ活動の第一時期が1997年頃です。その以前にもシングルを発売したり、他のアーティストとコラボしたりしていました。しかし、ソロ活動が本格化するのはX JAPANが解散してからです。, 1997年の4月にToshIが脱退を表明したことが理由で、X JAPANの解散を招いたのですが、脱退理由は「ヒーリング歌手を目指すから」ということでした。, 詳しい理由は後述しますが、それからToshIはX JAPANのような激しい音楽を辞めてアコースティック音楽を主体としたフォークミュージックをソロ活動で演奏します。, トレードマークのサングラスを外して、ギラついた衣装も辞めます。その代わり、地方のスーパーや老人ホームなどで弾き語りを行います。少年院や刑務所でもボランティアコンサートをして1日に数本のコンサートを行っていました。, 2007年にX JAPANが再結成してからは地方での弾き語りなどのソロ活動は停止します。, ToshIのソロ活動の第二時期が2010年からです。X JAPANが再始動して、他のメンバーとの関係も良好になってからのソロ活動です。ToshIが書き下ろした新曲やX JAPANのカバーなどをソロコンサートで披露するようになりました。, また、この頃はサプライズゲストとしてYOSHIKIやHEATHなどX JAPANのメンバーが出演することもあって関係のよさを感じます。, その後、ToshIは2014年頃からX JAPANの活動と共にソロのシングルをリリースするようになります。そして、2017年頃からまたソロ活動が活発になって、カバーアルバムや新曲などを短いスパンでリリースするようになります。, 特にカバーアルバムは注目です。これまでのX JAPANの活動では決してやることはなかったような楽曲を歌っています。, 「I AM  A SINGER」というカバー曲が詰まったアルバムはファンでなくても絶対に聞いた方がいいです。, 近年はX JAPANとしてよりも、ToshI個人のメディア出演が多くなっています。X JAPANで活動をしていた1990年代にもラジオ番組を担当していましたが、2010年代からは地上波のテレビにも出演するようになります。, たとえば、「水曜日のダウンタウン」でトーク出演したり、音楽系のバラエティ番組で歌を披露したりすることが多いです。, 特に2014年の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演した時は話題になりました。X JAPANが解散したことや解散後の苦悩について語っていて、多くの人の関心を集めていました。, 1992年にToshIが個人事務所を設立した時に、実兄が代表取締役に就任します。しかし、兄はToshIの金で豪遊して社長業を上手にこなすことができませんでした。, 実兄の代わりに友人に社長業をお願いしますが、この友人も金銭トラブルを起こしてしまいます。その一方で母はToshIの知名度を利用してビジネスを始めます。, X JAPANが人気絶頂だった1990年代に、ToshIは人間不信に陥っていました。真面目なToshIは彼らが悪いと思わずに、「自分に原因があった」と考えていました。, X JAPANはモンスターバンドで、メンバーのカリスマ性で成り立っている部分もあります。特に1990年代はYOSHIKIとHIDEというボーカルではないのに、存在感を放つメンバーがいました。, その影で重圧に耐えきれない、素のToshIがいました。飾りきった自分に疲れてしまい、1996年頃にはノーメイクでサングラスもしていない姿でX JAPANのライブに出演するようになります。実はコンプレックスが原因だったのです。, 1997年8月、元妻の守谷香(もりたにかおり)が宗教団体のセミナーにToshIを連れて行きます。そこでToshIを洗脳した張本人のMASAYAに出会います。そこはコンサート会場で、MASAYAは歌を歌っていました。, セミナーの全員が感動して涙を流していましたが、ToshIは「変だな」と思う一方、自分だけが感動していないのはおかしいと感じたそうです。, その後、ToshIは別のセミナー参加の同意書などにサインをして団体と契約します。参加費だけで1人7万円でした。このセミナーも怪しい講習ばかりでしたが、ToshIは興味を持つようになります。, TOSHIはこのセミナーで、「幼い頃から虐待を受けた」「X JAPANは悪」という記憶のすり替えをさせられます。洗脳から解けた後に、「10ヶ月で貯金がなくなるくらいお金をセミナーにつぎ込んでいた」と言っています。, 1997年12月31日の解散ライブでは、ToshIは洗脳されて精神状態が歪んだままステージに立ちました。ステージングのぎこちなさはHIDEに助けられて、ToshIは公演をやり遂げることができました。, しかし、1998年の5月にはHIDEが亡くなります。これを機にさらに宗教団体「ホームオブハート」の締め付けが激しくなって地獄のような日々を過ごすことになるのでした。, ToshIの洗脳は2009年まで続きますが、洗脳を止められるきっかけになったのはX JAPANの再結成です。X JAPANの再結成にあたって、3億円がギャラとして入ることになっていました。, それまで、団体側は「X JAPANは悪だ」と言っていたのにも関わらず、お金の額面を聞いて再結成をToshIに促します。ここでToshIは不信感を抱きました。結果的に再結成をすることになりますが、ToshIにそのお金は入らず生活費は1日500円だったと言います。, 昔の知り合いなどの助けもあって、なんとか施設から逃亡して洗脳を解くことができました。, 現在ではこの洗脳の話を公に語っています。特に「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演した時はこの事について包み隠さず語っていました。ちなみに洗脳の話は本にもなっています。, ToshIとYOSHIKIは幼稚園からの仲です。この2人は仲がいい時と悪い時があります。, YOSHIKIはリーダー気質で人に指示を出すのが得意で、一方でToshIは言われたことに対して従う素直な一面があって正反対の性格です。すでにXを結成したころから、ToshIがYOSHIKIの命令に従って動くという上下関係がありました。, YOSHIKIは楽曲制作の時に手を抜かないことで知られています。どんな妥協も許しません。それはToshIに対しても一緒で、ToshIを人間ではなく楽器のように扱っていました。, ToshIも「YOSHIKIをガッカリさせてはいけない」という思いで注射を打ちながらレコーディングをしていたと言います。, その辛さが洗脳の原因にもなりました。洗脳とToshIの脱退が結果的にX JAPANが解散することになって、YOSHIKIは大激怒します。解散ライブも、翌年HIDEが亡くなった時にも2人は会話をすることはなく絶縁します。, ふたりはその後、ほぼ10年間連絡を取っていなかったそうです。X JAPANの再結成があった時にToshIの方からYOSHIKIに連絡を取ります。ToshIはHIDEもいないX JAPANの再結成の話が信じられなかったのです。9年半ぶりの電話での会話でした。, YOSHIKIは電話口で「再結成するとは言っていないし、ToshIの方がむしろ再結成したいと言っていると聞いた」と言います。真実は不明ですが、マネジメントサイドが動いたことでズレが生じたのでしょう。, そして、2007年3月にロスにあるYOSHIKIのスタジオで再会します。そこでHIDEを想って作られた名曲「Without you」のセッションをします。それからまた交流が始まります。, しかし、ToshIとYOSHIKIは2018年頃から方向性の違いや事務所の契約問題でまた関係が悪化していると週刊誌に報じられています。, ToshIの歌声は特徴的なので、モノマネする芸人も多いです。たとえば、sa’ToshIという芸人から歌モノマネのネタにされています。かなり似ています。, また、以前にはToshI本人がモノマネ芸人になり切って、「トシ郎」という名前でモノマネショーに出演したこともあります。観客も出演者も気づかなかったのですが、歌のうまさにみんな感動していました。, 龍玄とし(Toshl)(@toshl_officia)がシェアした投稿 – 2016年 4月月20日午前4時54分PDT, ToshIの交友関係はとても広いです。やっぱり偉大なボーカリストですし、最近はソロ活動に熱を入れているので多くの友人がいます。, たとえば、バンドマンで仲がいいのは黒夢の人時(ひとき)とDIR EN GREYのShinyaです。以前、この2人がToshIにスイーツの差し入れをしている様子がテレビで放送されていました。, また、よゐこの濱口優(はまぐちまさる)と仲がいいです。ToshIとは「めちゃイケ!」の収録で交流が始まりました。濱口優のやっているラジオにToshIがサプライズ出演したこともあります。, ToshIの私服のブランドに関する情報はありませんでした。以前、「ダウンタウンDX」で私服姿を公開していましたが、実際に購入しているブランドまでは明らかにされていませんでした。, 一方でサングラスに関してはファンの間でブランドに関する情報がありました。ToshIは30個ほどサングラスを持っていて、GIVENCHY(ジバンシィ)、PORSCHE(ポルシェ)、ARMANI(アルマーニ)といった高級ブランドが多いです。, Googleで「ToshI すっぴん」等で調べると、ToshIのすっぴん画像を確認できます。, ソロ活動中はサングラスをしていませんでしたね。ちなみにサングラスをかけている理由は、「傷跡があるから」「コンプレックスだから」などと言われています。, また、昔の画像を見るとToshIがさらに激しいメイクをして長髪だった時代を見ることができます。現在の黒髪では考えられないほど、金髪で髪を逆立ていたのです。, さて、最後にファンのみなさんが気になる恋愛事情について調べてみましょう。ToshIは現在独身ですが、以前結婚をしています。相手は先ほども出てきた「守谷香」という人物です。, ToshIは1993年にロックオペラの「ハムレット」のオーディションで守谷香に出会います。当時のToshIは人間関係に悩んでいたので、守谷香のちょっとした優しさに心を奪われて交際に発展します。, しかし、その優しさは豹変して「X JAPANを辞めろ」などToshIを洗脳するような発言をするようになります。それに気づかず、1997年にToshIは結婚します。, その後、2010年に離婚が成立して今に至ります。ファンからすると、幸せになって欲しいですね。, 今回はX JAPANのToshIについてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, V系を愛して十数年。ドラマ「IWGP」を見てギター片手に上京。「BLUEVARY COSMOS」というバンドに所属していました。. TOSHI:「おれも会いたかったよ♡」, TOSHI:「えー、今日は決して僕とYOSHIKIの結婚式ではありません」 google_ad_slot = "2659994651"; TOSHI:「おれはYOSHIKIという荷物を背負っているから」, TOSHI:「こういう時間なの?」 スポンサードリンク コンビニで「プロテイン」と名の付く商品を全部買ってみた〔後編〕【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第115回】, コンビニで「プロテイン」と名の付く商品を全部買ってみた〔前編〕【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第114回】, プロレス界でも屈指の筋肉美を誇る石森太二選手の連載コーナー『TAIJI THE WORLD』。石森選手のトレーニングメニューを紹介するシリーズ腹筋編も3回目。今回は最近のお気に入りメニューと最近はあまり行なっていないメニューの2種類を紹介。太二式トレーニングで目指せシックスパック!, 【石森太二の「TAIJI THE WORLD」第12回】太二式トレーニング~腹筋③, 「ニコ生でスパボ2」が11/15(日)に放送!新感覚のVRコンテストの頂点に立つのは?. そうか、T... ⅩJapanのメンバーにとってのⅩJapan、そしてYoshikiにとってのX Japanのメンバーの存在, 東京ドーム「破滅に向かって2日目」のオープニングにも「Dear Loser」が使われた。YoshikiがTaijiのことを尊重してTaijiの作曲した曲を中心に2日目のセットリストを組んだと思われる。, Toshlの過酷なレコーディング(アルバム「Jealousy」のレコーディング)のために声が出なくなった、当時の心情を歌詞に書き、それに合うようにTaijiが曲を作り、この曲が作られた。, ロサンゼルスに滞在をしている時、ローカルの人達に絶賛されたらしい。「アメリカでやれば」と言われたらしい。, D.T.RのTaijiの作ったLAメタルのような、ゴリゴリの男っぽいサウンドがロサンゼルスの人たちに受けいれられたのだ。, Taijiがファンや自分を支えてくれている人達に対しての感謝の気持ちを表現したいと思って作った曲。Taijiがボーカルをしている貴重な曲。, Taijiが言うには、「自分が投げたフレーズをHIDEが受け止め(Taijiの)イメージした通りのフレーズを返してくれた」らしい。, 【X JAPAN】 DEAR LOSER (https://youtu.be/0wwahMg1sSE), https://www.youtube.com/watch?v=BnnD0u8jlhk, X JAPAN – Dear Loser / Vanishing Love (Tokyo Dome 1992.01.06) (https://www.youtube.com/watch?v=BnnD0u8jlhk), エックス「X、現わる」より、プロフィール&「Phantom of guilt」 (https://youtu.be/pkqIMIJFvm0), X JAPAN – Phantom Of Guilt (Tokyo Dome 1992.01.06) [HQ] (https://youtu.be/zEgqgzJV5Nw), X – Taiji Interview + Desperate Angel (1991.07.18) (https://youtu.be/hwxw8OkLEBo), X JAPAN – Desperate Angel [Live, Tokyo Dome 1992.1.7 [On The Verge Of Destruction] (https://youtu.be/B9SaQ6PO72k), https://www.youtube.com/watch?v=x4q_bCtge_w, X JAPAN – Voiceless Screaming (Niigata 1991.08.06) (https://www.youtube.com/watch?v=x4q_bCtge_w), https://www.youtube.com/watch?v=MIetivPvtks, TAIJI forever – CHAIN<絆> ( D.T.R ) [ Audio Track ] (https://www.youtube.com/watch?v=MIetivPvtks), DTR (DIRTY TRASHROAD) 「Cybernetic Crime」PV (https://youtu.be/-6wo7Ug7r04), TAIJI forever – Dear Angel ( otokaze ) [ Audio Track ] (https://youtu.be/qMCYs4GAueo), https://www.youtube.com/watch?v=gpz-v9MNWNE, TAIJI .

YOSHIKI:「ロスって遠いんだけど、この前TOSHIと電話してて、『明日、ロス行くわ』とか言って、急に来ちゃうの(笑)」, YOSHIKI:「東京〜大阪じゃ無いって言うんだよね!(笑)俺も東京に一泊とかあるけど(笑)」, YOSHIKI:「ドラムとかピアノもってこなきゃ!TOSHIはマイクだけでいいからいいよね」, YOSHIKIのすっぴん画像は!?目が韓国人??公開したのは仲良しのTOSHI!?, YOSHIKIが格付けチェックで食べたお菓子(おかき)の銘柄(メーカー)は何!?銀座本店はどこ??, YOSHIKIとGACKTはタメ口の仲!?年齢差は??喧嘩からの仲良しの関係に!?, HIDEが彼女(婚約者)の高橋恵美とフライデー!?職業や現在の画像は??結婚していた!?.

google_ad_width = 300; YOSHIKI:「おれもほしい〜光るコルセットほしい」 YOSHIKI:「光るマイクもほしい」, YOSHIKIとTOSHIがすみれ組の頃のように、笑って話せるようになって、本当に良かったです。。. TOSHI:「そうじゃなくて、親しき仲にも礼儀ありだよ!」 google_ad_slot = "7090194252"; TOSHI:「いや、YOSHIKIが言ったほうがいいんだって」 沢田泰司さんとはx japan初期のベーシストtaijiさんです。yoshiki、hideと並んで人気のあったtaijiさんのプロフィール、経歴や生い立ち、x japan脱退後の苦しい生活、その波乱万丈な人生とベースの腕前は天才的?!について詳しく調査しまとめていきたいと思います。 TAIJI.

スポンサードリンク 仲良しの関係過ぎて、いちゃいちゃしているとか(笑)