!歌謡曲・演歌スペシャル編〜あなたの十八番〜」がその後発売された。, また、番組35周年記念ヴォーカリストオーディションでグランプリを獲得した井上が2003年1月に演歌歌手としてデビューを果たした。その後、毎週火曜日未明のコーナーレギュラーを経て、2006年4月4日早朝放送分から火曜日(のちに木曜日担当にスライド)のメインパーソナリティーとして出演中である(2007年3月27日放送分までは鈴木(純)と二人で担当)。, 2004年11月には「夜明けの惑女。(マドンナ)」と題した4人組のユニット(番組メインパーソナリティーの中尾、岩波、小池、鈴木(純)で結成)が「キツネとタヌキ」(岩波を除く3人が歌唱)、カップリング「振りむかないわ」(岩波のソロ歌唱)で歌手デビューしている, 2007年に放送開始40周年を記念した企画として、過去39年間のヒット曲を収録したアルバム「走れ!歌謡曲〜スーパーデラックス〜」「同〜ベスト・トラックス〜」を発売。前述の「プラチナ編」「シルバー編」同様、筒井・尾崎・小池・紀平の歴代パーソナリティー4人が、放送当時の時代背景や番組の歴史などを織り交ぜながら、番組に寄せられたリクエストの中から最も多く寄せられたリクエスト頻度の高い70曲以上を選曲・収録している。, 番組発の歌手とは違うが、2011年3月8日早朝放送分から火曜日早朝のレギュラーパーソナリティーを担当している伊藤は、本番組のパーソナリティー就任から約1ヶ月半後の同年4月20日に、「六本木星屑(スターダスト)」で歌手(. - 恵比寿マスカッツ横丁!

- 次課長&おぎや&品庄"俺達にだってできるんだ"スペシャル - 人間科学反応バラエティ こうなった君 - FNS 正月だよ!オールハワイナイトフジ2015 ハワイにいる芸能人大集合!お年玉つき生放送SP - 邪道だらけの夜の大運動会, プロダクション人力舎 - 日本メガネ党 - 宇田川フリーコースターズ - 君の席 - 光が丘大サーカス, テキトーTV - 怒りオヤジ3 - 恋愛部活 - スリルな夜 イケメン合衆国 - ささるぅ - ようこそ!東池袋ヒマワリ荘 - カメラ置いとくんで、一言どうぞ 〜街中に、カメラ放置してみました〜 - 山Pのkiss英語 - #nakedEve - TOKYO BB, 小木の欠席に伴うゲスト。2020年7月24日、7月31日(録音放送)、8月7日の3回は小木が欠席。, 岡村の結婚報道を受け、2018年9月27日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』以来(『ナインティナインのオールナイトニッポン』(第2期)としては初。)、互いの番組に2度目の電話出演、トーク中は『JUNK』ネット局・『オールナイトニッポン』ネット局同時生放送。最初の『岡村隆史ANN』時代は相方の, 大島優子 萩野選手にラブコール「東京ドーム公演見に来て」 - 中日スポーツ 2012年8月2日, おぎやはぎ・小木がmixiユーザーに「気持ち悪いのよ見た目が。変な感じのクソメン連中」と発言, キング・オブ・ホットドッグついに完成 夏に食べたいホットドッグはコレだ!! !マスカット - ちょいとマスカット! 現在はやっていない。, 矢作の生き別れた父親(渡辺さん)が現在河口湖で猿回しをしているらしいという話から発展して、矢作の父の居場所を小木がリサーチする通称「オギーチ」が行われている(#外部リンクを参照)。調査方法が遠回りなので矢作からは不評だが、リスナーや加藤浩次からは好評である。, これまでのオギーチが一段落したため、矢作の学生時代のことについてオギーチが行われている。矢作の文集に載っていた、チーズドッグについてオギーチしていた。, また、おぎやはぎのファン第1号を調べていたが、情報が少ないため、林カントリーに切り替わった。, オギーチに対抗し、矢作は「ヤハギーチ」(略してハギーチ)を立ち上げ、沢尻会と長澤会の抗争について調査していたがなんらかの事情で無くなった。2010年に久しぶりにTwitterで登場した「偽矢作調査」で登場。, 記者会見にて「当たり障りのないコメントを述べるにはどうしたらいいだろうか?」と言うことで、ちょうどいいいいコメントの境界をさがす。, 突如、おぎやはぎの間で「朝ごはんを食べることにメリットがあるのか」と話が盛り上がり、朝ごはんを食べたらどんなことが起きたのか送ってもらう。最後に専門家の格言を聞く。, おぎやはぎがゲストを放送中に「乱入する形で」と話してスタジオから追い出しトーク中に勢い良くスタジオに登場させたり、「ゲストが乱入する形でやってきます」とおぎやはぎがバラし、ゲストがどういう風に登場してくるかを見守る[4]。, 2016年、番組が金曜JUNK枠より放送を開始してから、10年目を迎えることを記念し開催された番組初のイベント。 !カンパニー - ゴッドタン - バイキング - ぶらぶら美術・博物館 - おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE! 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災[8])発生以降はこれが大幅に変化した。提供読みは切り離されて別のナレーションに変更された(後述)。, 日野のコマーシャルが再開されて以降の提供読みは、各曜日のパーソナリティー、後に太田英明(文化放送アナウンサー)が担当し、コメントも「日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲 この番組は(トラック・バスの)日野自動車がお送りします(しました)」に簡約化されていた。, 2012年10月まで、インフォマーシャルは4時すぎの1回となり、エコドライブと整備点検を呼びかける内容が長期間放送され、中田が出演する頻度は激減した。同年11月から前項の各時間帯でインフォマーシャルを再開している。, 2013年4月、3時台冒頭・4時台終盤の提供クレジット込みのインフォマーシャルが復活した。かつては、文化放送アナウンサーであったみのもんたもインフォマーシャルを行っていた。, 年末の提供クレジット込みのインフォマーシャルは、最後に中田が「今年1年『走れ!歌謡曲』をお聴きいただき、ありがとうございました。」と言っている年もある。, 2006年頃から2020年3月までは中田のナレーションに加えその年のダカールラリーに参加した全国の日野自動車社員のコメントも折り込まれていた。, 2019年5月から10月中旬まで、番組内の全CM枠[9]においてインフォマーシャルが流されていた。, 2020年3月頃から日野レッドドルフィンズ所属選手の不祥事発覚[10]に伴い、本番組のインフォマーシャル及びCMが一時的に自粛されていた[11]。後に再開したものの、4月から3時台冒頭と4時台終盤の提供クレジット込みのインフォマーシャルが廃止(お役立ちインフォメーションは新バージョン追加で継続)され、提供読み[12]は東日本大震災後同様の太田アナによる簡易版になった。, 中田の「日野自動車は今、トータルサポート宣言」とナレーションした後、その年のダカールラリーに参加した各地の日野自動車ディーラーのメカニックが「○○日野、××のトータルサポート宣言です」から始まり、コメント終了後、中田の「私たち日野自動車は……」から始まるナレーションをした後、3時台冒頭は「これから朝までの2時間は……この番組は……(中略)……トータルサポート日野の日野自動車がお送りします。」を流し、ジングルを挟んで1曲目に流れ、4時台終盤(4:50頃)は「さて、午前3時からお届けしてきた『走れ!歌謡曲』もそろそろお別れの時間です……この番組は……(中略)……トータルサポート日野の日野自動車がお送りしました。」で締め、エンディングにつながっていた。2018年4月以降は「この番組はトラック・バスの日野自動車がお送りします(しました)。」に改められている。上記の通り提供告知を兼ねたインフォマーシャルは2020年4月改編で廃止された。, 2019年10月1日より、番組タイトルに1社スポンサーの「日野」を含む形に変更はないものの、文化放送以外のフルネット4局(SF,OBC,RCC,KNB)において日野自動車のCM枠が4時台の1時間分のみに縮小され、3時台のCM時間には各局別もしくはACジャパンのCMまたはフィラー音楽が流れるようになった。3時台のみのネット局である静岡放送と福井放送では、3時台に日野自動車のCMを引き続き放送する一方で、3時台終了時の飛び降り方法を変更した。, 2020年9月29日より、地方ネット局の提供は全廃され、文化放送でも3時台冒頭のみと大幅縮小[13]。また、北日本放送と静岡放送がネットを終了、東海ラジオがフルネットから4:30飛び降りとネット時間を変更。これに伴い天気予報後の放送局読み上げが廃止されたり、3時台終了時の飛び降り方法が2019年9月までの形式に戻されることになった。, 番組テーマ曲は口笛ジャック(英語版)の「口笛天国」が使用されている。 - 月刊!検定パンチ - くりぃむナントカ - みんなのウマ倶楽部 - バカヂカラ - うまプロ! - ロバートホール水 - リチャードホール - epoch TV square - 落下女 - くるくるドカン〜新しい波を探して〜 - さんまのSUPERからくりTV - エンタの神様 - ポイチョ! なお2社ともにこの番組のネット開始前までは、jrnの同時刻の番組を同時またはテープネットにて放送していた(静岡放送は『junk』(tbsラジオの0時台)終了まで、福井放送は『junk2』放送途中 … 出演はおぎやはぎ。ゲストは森山直太朗、Charisma.com、金萬福、山里亮太、おのののか、岩井勇気(ハライチ)、かずこさん(仮名)。, 本編終了後のトークが聴ける[注 13]。また、本編で読まれなかったメールも、ポッドキャストで紹介される。後に2016年6月16日放送分にて、6月末においてポッドキャストによる配信を終了し「TBSラジオクラウド」に移行することを発表。配信内容も変更され、本編のディレクターズカット版を配信している。, 天才!

米津玄師の「Flowerwall」がTBSラジオの推薦曲に選ばれました! 2014.12.23 MEDIA - RADIO. 日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲(ひのミッドナイトグラフィティ はしれ!かようきょく)は、1968年11月19日に放送を開始した文化放送のラジオ番組である。2018年に放送開始50周年を迎えた長寿番組。, 現在の基本放送時間は火 - 土曜日3:00 - 5:00(月 - 金曜日27:00 - 29:00)となっている(2006年4月4日から)。 日曜日未明(土曜日深夜)に放送のあった2006年4月2日までは 火 - 日曜日未明(月 - 土曜日深夜)3:00 - 5:00に放送していた。放送上や実際の時間軸上では早朝番組扱いとなっているが、番組表(タイムテーブルやラ・テ欄)上は前日の深夜番組扱いとなっている。番組開始当初から1991年3月まで、オープニングのアナウンスは「深夜の国道 歌と話題で綴る…」と述べていた。, スポンサーは日野自動車(2001年にトヨタグループ入り)の一社提供であるが、2020年9月29日以降、文化放送以外の地方ネット局での提供は廃止され、文化放送でも3時台1時間のみの提供となっている(下記で詳述)。, 深夜から早朝にかけて働く長距離運行トラック及び夜行高速バスの運転手(日野ファミリー)をメインターゲットに据えて、演歌を中心とした音楽のリクエストに応え、最新の曲が流れることも少なくない。, 番組開始当初から1991年3月までは「日野ダイナミックスコープ」(ひのダイナミックスコープ)のサブ タイトルで、1991年4月より現行の「日野ミッドナイトグラフィティ」となった。, TBSラジオが同様のコンセプトで、1974年から2001年まで「いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜」[2]を制作した。ネット局はNRN単独局のうち、東名阪3局ネット[3]だった当番組に対し、JRN系列(クロスネット局を含む)の「ヘッドライト」の方が多かったが、放送時間短縮を経て先に終了している。日野自動車は元々、いすゞ自動車の前身であるヂーゼル自動車工業の日野工場から分離独立した同門企業である。, 当初は週刊誌等に「演歌専門番組」と紹介される程にほぼ全編、演歌しか流さず、スタンダード・ナンバーから新譜、有名歌手から無名歌手まで演歌の見本市的な番組であったが、1990年頃から日曜日を中心にJ-POPを含めた歌謡曲全般がかかるようになる。入れ替わるように「ヘッドライト」はJ-POPと演歌を満遍なくかけていたジャンルを演歌に絞り込む。, 当初は文化放送のアナウンサー、フリーアナウンサーが出演していたが、1980年に川中美幸が出演して以来、週1回程度(2回のときもある)演歌歌手がパーソナリティを務め、以後は松原のぶえ、村上幸子、坂本冬美、香西かおり、城之内早苗、大石円(まどか)、Gパン娘。(上杉香緒里、水田竜子、渡辺ひろ美(後の鹿島ひろ美))、市川由紀乃、大黒裕貴、南かなこ、杜このみが担当してきた。コーナー担当としては田川寿美(たがわ としみ)、多岐川舞子、瀬口侑希(せぐち ゆうき)、井上由美子も出演[4]。, 近年は演歌歌手だけでなく、あさみちゆきや伊藤美裕などのようなポップス系歌謡曲の歌手がパーソナリティを務めるケースもある。, ちなみに、木曜日担当だった杜このみが降板した2017年5月末以降、演歌・歌謡曲歌手は登板しておらず、同年6月に杜から引き継いだ佐藤以降のパーソナリティは、舞台を中心に活動する女優の遠海、キャスターなども務めるタレントの福井、声優の千本木を除き、フリーアナウンサーである。, 1990年の村上幸子(同年7月没)、1997年の寺瀬めぐみ(現:寺瀬今日子)、1998年の新山志保(降板後の2000年2月没)、2004年の南かなこ がそれぞれ病気療養中で長期離脱中だったとき、あるいは現在のパーソナリティがドライブイン レポートやその他の所用などで出演できない場合、歴代パーソナリティや番組ゆかりの歌手がピンチヒッターとして、番組を担当した。レギュラーパーソナリティと一緒に歌手が「スペシャル パーソナリティ」として出演することもある。, 2005年4月以降は、3:20頃に交通情報と天気予報、4:03頃に交通情報を放送している。この時のジングルは、文化放送で使用しているものが、そのまま全国送出されている[5]。2015年12月5日までは交通情報は「No regret/スティーヴ・バラカット」、天気予報は「I'm sorry/スティーヴ・バラカット」を使用していたが12月8日分より文化放送で汎用されている新しいステーション・ソングのアレンジ版がそのまま使用されている。突発の事故・事件が入った場合、スタジオに文化放送報道部(現:報道制作部)のデスクもしくはキャスターが入り、詳細を伝えることがある。, 交通情報は「主なハイウェイ情報」として、日本道路交通情報センターが各情報の10分前までにまとめたものを読み上げている。天気予報は、日本気象協会の協力で、全国の天気概況と番組ネット局(東京・愛知・福井・大阪・広島)と札幌・仙台・新潟・富山・静岡・福岡・那覇の天気と気温・降水確率を読み上げている。(過去には高知の天気も読み上げていた。また静岡・富山は当該エリアのネット局がネットを終了して以後も読み上げている。), この番組での交通情報は、1991年以前は3時台、4時台に放送していたが、1991年から2005年3月以前は、交通情報は3時台のみだった。, 以前は3時台にニュース・3時台と4時台にスポーツニュース[6]を放送したこともあった。, 2001年9月12日、日本時間で前日にアメリカ同時多発テロ事件が発生したときは、この日のパーソナリティは登場せず番組自体も休止し、報道特番として放送した(ただし、番組内のCMはいつも通りだった)。さらに、東日本大震災が発生した翌日の2011年3月12日(担当は小林奈々絵)も休止し、報道特番となった(こちらは、番組内CMもカット)。, この交通情報と天気予報は、通常担当パーソナリティが伝えるが、杜このみが担当していた放送では、フリーアナウンサーの須藤悟(元FM青森アナウンサー)が交通情報と天気予報を伝えていた。, 中田譲治のナレーションによるインフォマーシャル[7]『日野自動車 お役立ちインフォメーション』を放送している。あらゆる分野の雑学を月単位で語りかけて、必ず「〜なんですね」で終わるDJ風のナレーションとなっている。, 2020年10月現在は上記のとおり提供が文化放送の3時台のみのため、インフォマーシャルも文化放送のみ3時台に放送されている。, インフォマーシャルは、過去には3時台冒頭・4時すぎ・4時台終盤に3度放送しており、『歌うヘッドライト』とは違い3時台冒頭・4時台終盤のみ提供クレジットも兼ねている。 「RADIO EXPO ~TBSラジオ万博2020~」2月10日(月)、11日(火・祝)パシフィコ横浜にて開催!豪華出演者・ステージが続々決定!みんなでラジオエキスポに行こう! 5:08 リクエスト曲; 5:12 tbsラジオショッピング; 気象予報士や時々ディレクターやADが商品の試用・試食のため立ち会う。 5:16 ヒロシのちょっとお耳を; tbsラジオ推薦曲やリクエスト曲、生島による生cmな … - おねだりマスカットDX!

自分が運がいいと思ったエピソードを送ってもらっていた。 !(2013/6/13), 第2回俺たちだってヤれるはず!クソメンが選ぶアイドル妄想総選挙(2014/6/12), 気持ちは26時間ラジオ〜武器はラジオ・・・だと思う〜(2014/8/28) - 金曜JUNK「, 第3回俺たちだってヤれるはず!クソメンが選ぶアイドル妄想総選挙(2015/6/11), 第4回俺たちだってヤれるはず!クソメンが選ぶアイドル妄想総選挙(2016/6/16), 第5回俺たちだってヤれるはず!クソメンが選ぶアイドル妄想総選挙(2017/6/16), 第6回俺たちだってヤれるはず!クソメンが選ぶアイドル妄想総選挙(2017/6/15), TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』(タツミムック、2016年7月29日). 当該日の放送は録音放送のため、3時台の交通情報と天気予報、4時台の交通情報、スポーツニュース並びに番組内でのメールによるリクエスト告知がない。エンディングが前述のとおり放送時間を調整するため、「青春に乾杯」になっている。, 鈴木淑子 - 新山志保 - 渋谷琴乃 - 松井陽子 - 寺瀬めぐみ - 伊藤美裕 - 柚月美穂 - 神谷美伽 - 小池可奈 - 杜このみ - 小林奈々絵ほか, 井上由美子はこの中では唯一、火曜日のパーソナリティに昇格している。井上は後に曜日変更で、木曜日のパーソナリティにスライドしている, かつての『歌うヘッドライト』でも3時台冒頭・4時台終盤にインフォマーシャルを流していた。, 「日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲 この番組はトラック・バスの日野自動車の提供でお送りします(しました)」, 『上岡龍太郎 話芸一代』青土社、2013年 25項に、1968年11月4日 - 1969年5月3日 月 - 土 26:30 - 29:00(火 - 日 2:30 - 5:00)の記述あり。, 2020年9月22日(21日深夜)の放送内でネット終了を発表。最終日にはパーソナリティの千本木から聴取者への謝意が述べられた。, また、岩波は、本番組のレギュラーパーソナリティー卒業後の2012年2月に、「こころ、こわれそう」でメジャー歌手としてデビューしている, なお、伊藤は、歌手デビュー、ならびに、本番組のパーソナリティー就任前の2010年10月から、, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日野ミッドナイトグラフィティ_走れ!歌謡曲&oldid=79911552, 火 - 土曜日 3:00 - 5:00(月 - 金曜日 27:00 - 29:00)(120分), ドライブインレポート(随時実施) 各パーソナリティーや番組縁の歌手が全国各地の高速道路のドライブインやパーキングエリア、また各地の日野自動車販売店・支店などを訪れてその地域の特性豊かな情報を届けるとともにインタビューを受けたドライブインなどのスタッフの方からのリクエスト音楽をかける。ただし、諸般の事情によりここ数年はドライブインレポートは実施されていない。, ドラパラ(放送全曜日3:30ごろ 2005年5月スタート) タイトルは「ドライバーズ・パラダイス」の略。内容は週ごとによって異なるが、番組のリスナーへの役に立つ情報や, パーソナリティ企画(放送全曜日) 各曜日ごとにパーソナリティーの個性を活かした様々な企画を展開している。代表的なものには以下のものが挙げられる。, 毎週1人(もしくは1組)のアーティスト等をピックアップし、エピソードとともに紹介するコーナー。, 日曜日の放送が廃止されてから、NRN単独の文化放送、東海ラジオ、ラジオ大阪はそれぞれ2時間とも自社制作に、またクロスネットの北日本放送、静岡放送、中国放送はそれぞれ, 中国放送は1976年の放送開始以来、2020年現在に至るまで中国、四国、九州地方の放送局の中で唯一のネット局である。, 東海ラジオとともに、文化放送のネット受けを放送当初より行っており、現在もキー局と同様に、火 - 土曜 3:00 - 5:00(月 - 金曜の深夜)に放送している(但し前述の通り、ラジオ・チャリティー・ミュージックソンを始めた1976年より12月25日未明はローカル編成に差し替え)。, 1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災のため、翌18日より22日未明まで文化放送及びスポンサーの了解のもと、ラジオ大阪のみ「がんばれ!神戸」に差し替えていた。このときのパーソナリティは当番組のOGである紀平真理だった。, 2001年10月2日未明より2013年3月31日まで、ラジオ大阪(OBC)では首都圏や東海3県では裏番組となっていたTBSラジオ制作、, 道路交通情報の自主編成を全曜日で一斉に取り止めた2019年4月改編以降も、当番組内の交通情報については、文化放送発で放送を続けている。, 2019年10月 - 2020年9月では、3時59分でSBS・FBCを含め全ネット局が1分のCM, 2002年に放送開始35周年を記念した企画としてこの34年間のヒット曲を収録したアルバム「走れ!!歌謡曲〜プラチナ編〜」「同〜シルバー編〜」を発売した。これは小池、水井、金子、鈴木(淑)の4人の歴代パーソナリティーが当時の世相背景や番組の歴史を描きながら当時のヒット曲を収録した。更にその中から要望の多かった演歌に特化したアルバム「走れ! !』のテーマ曲が流れ、コーナーが始まっていたが、2013年春に現在のタイトルに変更されてからは必ずしも2時丁度ではなくなり[26]、小木が『○時○○分ごろに出るタケシ』となったあと、現在は『○時○○分に出たタケシ』と言ってコーナーが始まっている。元々は雨上がり決死隊がゲストの放送で、『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』での「2時のコーナー」が行われ、それに影響されて始まった。, ○○っぽい名前を送ってもらうコーナー。宮嵜プロデューサーの度の過ぎたタイトルコールが注目され始め、いつの間にかタイトルコール案が投稿されているが、それ自体に関してもまともに言っていない。単純なコーナーであるが、いい感じに流行りが変化するため、なかなかやめられないらしく、金曜JUNK時代から続いている長寿コーナーであった。, 小木が興奮するであろうHなシチュエーションをリスナーから募集し、その内容で興奮できるかどうかを小木が判定する。コーナー名の由来は、小木が興奮すると自身のチンポ(通称「小木ンポ」)が45度にそそり立つことから。近年では全く行われなくなったが、このコーナーのファンである綾野剛がゲストに来た際には必ず行われるコーナーとなっている。, クソメン・クソガール(番組リスナー)の悩み、目撃談など、誰かに言いたいけど言う相手がいない、そんな『報告』を募集するコーナー。, リスナーが考えた「哲学っぽいオリジナルの言葉」を、おぎやはぎの二人が「哲学」として読み解き、探求するコーナー。コーナー名の由来は哲学者のプラトンと、NMB48の須藤凜々花の愛称である「りりぽん」を組み合わせた造語。, 2018年2月開始。俳優やタレント、アスリートなどの有名人ではなく、伝説の生き物(河童、フランケンシュタインなど)のチ○ポを想像し、それはどんなチ○ポをなのかを想像するコーナー。, 『明日のクソステーション』に代わって開始されたコーナー。2016年11月開始。メディア、ソーシャルネットワークなどでの不適切な発言から発生する、世の中の無駄な炎上を防ぐために、これから起こりそうな『炎上発言』を予想するコーナー。おぎやはぎの場合は架空のメガネびいきやバイキングの放送内容が投稿されていた。2019年2月2日放送分にて終了。, 『何時に出るかわからないタケシ』に代わって開始されたコーナー。浜崎あゆみの曲『Boys & Girls』に合わせ、小木が浜崎のモノマネをしながら、リスナーから送られてきた『解禁した物、事象』などを紹介するコーナー。2019年2月2日放送分にて終了。, 2019年2月、『あゆの解禁情報』に代わって開始。リソナーのお悩みを小木のモノマネによる『美輪さん』が救いのお言葉で応えてくれるコーナー。, 2019年10月、『何時に降臨するか分からない美輪』に代わって開始。リソナーの体のお悩みを小木のモノマネによる『小木島ヒロシ』が自身の秘訣で応えてくれるコーナー。投稿は無く、秘訣は目が疲れたら目を閉じる、突然の下痢には指浣腸で肛門を塞ぐなど直接的。2020年9月で終了し、「何時に~」のコーナーも終了となった。, 小木にMCをやらせてみるとどうなるのか試してみる企画。基本的にスペシャルウィークのオープニングで行う。放送の時間帯にちなみ、テーマ曲として『オールナイトニッポン』(ニッポン放送系)のテーマ曲「BITTERSWEET SAMBA」をバックに小木が勝手にラップ調の歌詞をつけて歌う。小木は「何時に出るかわからないタケシ」と同様、全編ビートたけしの声マネで行う。, どちらも始まる前に、リスナーから、「(直前の話の内容)なんかどうでもいいんです。僕が聞きたいのは、オギーチ(ヤハギーチ)です」と言うメールが来て、終わったあとに「ヤハギーチ(オギーチ)最高」などと褒めるメール(褒メール)がくる。