4 まとめ; 5 『ハイパーリンク先アドレスを変更する』Excel マクロをプレゼント. VBAでハイパーリンク(Hyperlink)を追加したり削除したりする場合を解説します。ハイパーリンクは、Hyperlinkオブジェクトです、そして、Hyperlinkオブジェクトの集まりであるコレクションが、Hyperlinksコレクションになります。 6 エクセルで、相対参照にハイパーリンクをつけたい 7 相対参照から絶対参照に変換する方法 5.1 change_hyperlink.xlsm; 5.2 change_hyperlink.bas 『ハイパーリンク先アドレスを変更する』には?まずは問題を整理しよう! 今回解決するのはハイパーリンク先を変更という単純ではありますが、数が多いと大変な作業をExcel ハイパーリンクの連続置換 Excel2013 マクロ講座 54回. データの計算を実行する前に、HTMLファイル(ローカルに保存されている)からデータをインポートするExcel VBAマクロを作成しました。 4 他のエクセルを参照しているときに、相対パスで参照先を指定したい 5 Excel関数 シート内の全ての相対参照の計算式をいっぺんに絶対参照に変えたい! このページではHyperlinks.Addメソッドについて紹介しています。 実際のハイパーリンクにすぐ活用できるマクロが必要な場合は「VBAで複数セルにハイパーリンクを設定する」で紹介していますのでご参照ください。 Hy … 実際のハイパーリンクにすぐ活用できるマクロが必要な場合は「VBAで複数セルにハイパーリンクを設定する」で紹介していますのでご参照ください。, VBAでセルやオートシェイプなどにハイパーリンクを設定する場合、HyperlinksコレクションのAddメソッドを使います。, Hyperlinksコレクションは親クラスがWorksheetオブジェクトかRangeオブジェクトになります。通常はWorksheetオブジェクトの方が一般的です。その場合、ワークシートに含まれているハイパーリンク全てをHyperlinksコレクションで管理しています。各ハイパーリンクはHyperlinkオブジェクトになります。, URLが間違っていてもAddメソッドはエラーにはなりませんが、そのセルをクリックしても当然正しく動作しません。, Hyperlinks.Addメソッドは親オブジェクトがWorksheetオブジェクトの場合とRangeオブジェクトの場合の2通りがあります。, A1セルと、事前に作成済みのオートシェイプに対してハイパーリンクを設定するサンプルです。, セルの方は戻り値を取得する書き方で、オートシェイプの方はWith構文での書き方です。, Hyperlinksコレクションの親オブジェクトにはWorksheetオブジェクトまたはRangeオブジェクトを指定します。通常はActiveSheetなどのワークシートを指定する方が多いと思われます。, ハイパーリンクを設定する個所をセルのRangeオブジェクト、または、オートシェイプのShapeオブジェクトを指定します。, 接続先のURLやファイルパスやメールアドレスなどのアドレスを文字列で指定します。SubAddressを指定する場合は空文字列の””を指定します。, 省略可。ハイパーリンク先のURLのWebページ内にあるブックマークやワークシートのジャンプ先のセルを指定します。, 省略可。ハイパーリンク上にマウスカーソルを置いたときに表示するヒントを指定します。, 省略可。ハイパーリンクに表示される文字列を指定します。セルの場合のみ有効です。オートシェイプの場合は無視されます。, 戻り値としてHyperlinks.Addで追加したハイパーリンクが返されます。この時点でHyperlinksコレクションにも追加されていることになります。. 絶対パス. A2セル:ハイパーリンクの起点設定後に作成したハイパーリンクは、ハイパーリンクの起点をドライブの先頭にしたので絶対パスになっています。 A4セsルは、相対パスです。(同じフォルダ内なので、ファイル名だけの表示です。 Excel VBAの絶対パスではなく相対パス (4) . 整数型 (Long) の値を返します。, ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=セル, _. 複数のハイパーリンクの一部だけ変更するにはReplace関数. ハイパーリンクとは、テキストや画像に埋め込まれた「リンク」のことで、設定した参照先に遷移することができます。, Webサイトでは、他のページに飛んだり、PDFを開いたりするために多用されているものですが、エクセルでもハイパーリンクの設定が可能となっております。, エクセルのハイパーリンクは主に以下の設定が可能となっております。特に表が大きくなりすぎた場合は、特定の位置へ遷移する機能が便利です。, ハイパーリンクについて、覚えておくと便利なキーワードがあります。絶対パスと相対パスといい、参照先を指定する時に使います。※パスとは通り道のことです, 例えば今、学校の教室の中にいるとして、右隣の席に座っている人の位置情報を伝えるときに絶対パスの場合は、『○○県の○○市の○○学校の○○クラスの左から2、前から4列目の席に座っている』という指定をするのです。, デスクトップ上に「data.csv」というファイルが存在していたときに、絶対パスで指定すると、『Cドライブの○○ユーザーのデスクトップのdata.csv』となります。, 例えば、右隣の席に座っている人の位置情報を伝えるときに相対パスの場合は、『自分の右』という指定をするだけです。, 情報は短いですが、自分とその人の位置関係がわかっていないと、その人がどこにいるのかわからないわけです。, 現在開いているブックが「data.csv」と同じデスクトップにあるとした時の相対パス指定は、『data.csv』のみで良いわけです。, リンクをクリックすると、別のシートの指定のセルに遷移するハイパーリンクを設定するご説明をします。, Sheet1とSheet2があり、現在は「Sheet1のB2セル」にいるとします。, ①【右クリック】をし、コンテキストメニューを表示します。一番下の②【リンク】を選択します。Ctrl+Kでも同様の動作です。, 「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスが表示されますので、①【このドキュメント内】を選択し、遷移先のシート②【Sheet2】を選択、そして遷移先のセルを③【入力(C3)】し④【OK】ボタンを押します。, ハイパーリンクが挿入されました。ハイパーリンクが付与されると、「青字に下線」の書式になります。こちらのリンクを【クリック】します。, 貼り付け先のセル上で、Ctrl+Vで貼り付けると、ハイパーリンクも一緒にコピーされます。, 「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスが表示されますので、①【ファイル、WEBページ】を押し、②【任意のフォルダ】を選択、③【OK】ボタンを押します。, ハイパーリンクを設定したいセルがたくさんあると、一つ一つ設定するのは手間になります。そこで関数を利用して一括置換する方法をご説明します。, ハイパーリンクを付与するには、「HYPERLINK関数」を利用します。B列にページタイトル、C列にURLを用意し、D列にページタイトルにURLのハイパーリンクをつけたテキストを返していきます。, HYPERLINK関数の書式は、「=HYPERLINK(リンク先,[別名]」となっておりますので、まずはリンク先にC3セルを指定します。, HYPERLINK関数を使えば1クリックでメーラーへ移動し、あらかじめ指定した宛先、件名、本文が自動で入力できるようになります。, メールを送信するフォーマットを用意します。件名と本文は固定で、名前とメールアドレスはデータベースのように作ります。, 宛先を指定するときは「mailto:」で開始します。そしてセルを参照するときは「"&参照するセル&"」のように記載します。, 件名を指定するときは「?subject=」で開始します。そしてセルを参照するときは先ほどと同様ですが、件名と本文は固定セルなので「$」をつけて絶対指定にします。, 本文を指定するときは「&body=」で開始します。こちらは少し複雑で、2つのセル参照をしているので長くなっていることと、テキスト「様」を加え、「2回改行」をしております。, 緑枠のところは、最初と最後をダブルクオーテーションで閉じてますよと、わかりやすくしました。, Enterで確定しました。長い数式が書かれております。ではこちらのハイパーリンクをクリックしてみましょう。, メーラーを設定済みならばメーラーが自動的に開き、宛先、件名、本文が設定どおりに記載されているのが分かります。, 非常に長い数式なので以下をコピーして利用すると便利です。【】の部分を、【】も含めてセル参照に置き換えてください。, =HYPERLINK("mailto:"&【メールアドレスの参照セル】&"?subject="&【件名の参照セル($で固定)】&"&body="&【宛名の参照セル】&"様%0a%0a"&【本文の参照セル($で固定)】&"","メールへ"), 通常であれば、右クリックのコンテキストメニューの一番下に「リンク」が表示されるはずです。, 【表示】タブの【改ページプレビュー】時に、右クリックをしても「リンク」が表示されてないので、モードを【標準】に戻してみましょう。, 「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されますので、①【文章校正】を選択して、②【オートコレクトのオプション】を選択します。, 「オートコレクト」ダイアログボックスが表示されますので、①【入力オートフォーマット】タブを押し、②【インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する】のチェックをオンにし、③【OK】ボタンをおしたら、ハイパーリンクが設定できる状態になります。, たとえば、ファイルやフォルダを指定するハイパーリンクで過去は正しいパスだったのに、ファイルを移動してしまうとパスの参照先にファイルが存在しない状態になります。, Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術, 表に散らばっているハイパーリンクを検索する方法として、関数名で検索する方法と、ハイパーリンクの書式を指定して検索する方法をまとめました。, ハイパーリンクを解除する方法をまとめました。複数のハイパーリンクをまとめて一括で解除する方法も載せております。, エクセル起動時にエラーのボックスが出てしまい、リンクを解除できないときに解除する方法をまとめました。.